アップルのモバイル広告プラットフォーム、iAdがスタート!(動画)

2010.07.02 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
7月1日、アップルのモバイル広告プラットフォーム、iAdのサービスが始まりました。実際にどんな広告が掲載されているのかというと?

上の動画は、iAdでの日産リーフの広告を紹介しています。iAd表示部分はアプリの中に埋め込まれていて、一見、広告でなくコンテンツのひとつのようにも見えます。広告部分をタップすると、動画が立ち上がった後に、タップ、スワイプ、シェイクなどの動作で動かせる、インタラクティブな広告を見ることができます。

広告の中身も作り込んであり、面白いことは面白いです。が、商品に興味のない人にとっては、インタラクティブだから面白いということはないでしょう。そういう意味では、従来のバナー広告とあまり変わりありません

印象としては、iAdはそれほど邪魔なものではないように見えます。表示された広告の商品に興味を持ったら、タップしてインタラクティブな広告を見られるし、興味がなければ、これまで通り無視し続ければいいだけです。ただ、もし広告を見ることで通信料が割り引かれるようなことがあるとしたら、話はまた違ってくるのかもしれませんが。


Brian Barrett(原文/miho)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4534042809
この1冊ですべてわかる 広告の基本 [単行本(ソフトカバー)]




 

・関連メディア