iPhone 4プレスカンファレンスリアルタイム中継終了しました

100716iphone_mindthegap.jpg

リアルタイム中継予定地です。

日本時間17日午前2時からスタートです。チャンネルはこのままで、ブックマークしておいてくださいね!

※サーバ負荷分散のため間隔をおいてのリロードをお願いします。

Jason:gdgt、Ars、Apple Insider、イベントリアルタイム更新をGizmodoと共有してくれてありがとうございました。以上でイベント終了です!

(無料バンパーはアメリカ国外でも適用です。)

ジョブス氏:「人のメールアドレスをwebにのせるなんて、ちょっと失礼だよ。」

「多くの人が使うソフトウェアを作るのはAppleは得意である。iTunesがまさにそうだ。」

ジョブス氏:「これはScottにこたえてもらおう。その前にひとつ。もしテキサスにアンテナのタワーをたてようとしたら3ヶ月でたつ。でもサンフランシスコは3年かかる。サンフランシスコの人はタワーがきらいなようだ。そのくせにいい電波が欲しいとはいうけれど。」

質問:「自分はiPhoneをサンフランシスコで使っています。とても人口密度の高いところです。人の多いところで使うとどのような影響が?」

(ジョブス氏、そうとうイライラしてるのでしょうか?)

ジョブス氏:「今1時間くらいかけて、iPhone 4の電話がきれるのは3GSと比べて100分の1以下の差だと話したばかりじゃないか。じゃあ、Times紙に話をききにいってくれ。君たちは君たちのうちではなしているだけじゃないか。ありもしないことをいいあって。」

質問:「NY Times紙はソフトウェアで直る可能性を話していますが、この問題はソフトウェアで改善されるものなのでしょうか?」

ジョブス氏:「そうそう。急にドアをノックしたりはしてないよ笑」

Bob:「もちろん、ちゃんと事前に連絡して許可をとっていってますよ」

ジョブス氏:「ユーザー、お客様をとても大事にしていれば、どんな可能性でもありうる。ただ、我々はデータに基づいて動きたいと思っている。故に、いろんな人の家に言ってログをとっている。」

質問:「リコールは考えていますか?」

ジョブズ氏:「我々は問題のない、アンテナデザインを今後目指していく。現在も、Appleのエンジニアはいろんな人の家にいってテストし、ログをとっている。」

ジョブス氏:「オンラインストアでNokiaの電話でもみて、「ここは触らないで下さい」ってシールを裏に貼ってもらって、送ってもらったらどうだい?」

質問:「この世代のiPhone 4でハードのデザイン変更は考えていますか?」

ジョブズ氏:「Appleは34年ほどやっってきた。少しはプレスから我々の製品に対するモチベーションへの信用をかちとってもいいと思うのだが」

ジョブス氏:「これは人の常だ。人や団体が大きくなると、人々はそれを壊したくなる。今まさに、それがGoogleにおきている。Googleは本当に素晴らしい会社だというのに」

Jason:株価が無料バンパー前までまた戻りました。

(やはり、同じ様な内容の質問、答えが繰り返されているようです。)

ジョブス氏:「どれだけ我々がユーザーを愛しているかということ、そして彼らをどうやってカバーしていくかということ。我々は、カスタマーレポートの報告をきき、今回とても驚いたし恥ずかしいと思っている。我々が多くを語らなかったのは、我々もきちんと十分に理解していなかったからだ。もし、このイベントを1週間半くらい前におこなっていれば、今日我々が持っているデータの半分もなかっただろう。」

質問:「今回のことで学んだことは?」

Jason:ジョブス氏「私は家で電話をつかっている。レンガづくりの家だ。電波もある、しかも以前は電波わるかったが今はある。嬉しくてしょうがない! ただ、だからと言って他のユーザーが問題なく使っているということはない。これはただ、自分の経験を言いたかっただけだ。」 [gdgt]

(さらに、他社のケースを購入している場合は返品等はないそうです。)

ジョブス氏:「いや、9月になったらまたこの問題を再評価するということだ。どんな解決策がでるかはまだ全くわからない。」

質問:「9月30日までの無料ケース。ということはその後は無料だったものをユーザーが購入すると思っているということですか?」

(Apple Insiderによると、どうやらQ&Aは同じことの繰り返しの雰囲気。似た様な質問と答えがくりかえされているという。)

ジョブス氏:「それも考えたよ。ただ、あの時点では我々は問題があるとはまるでおもわなかった。弱点があるのは予想していたが、それもどのスマートフォンにもみられる問題だ。ある持ち方をしたら、電波が悪くなる。特に、もともと電波の弱いエリアではそれが顕著である。スマートフォン市場のリーダーでもある我々がまなんだことが、この情報をみんなに教えること。こうなんだよ、と教えてあげるのが大事だということ。故に我々はデータをあつめ、今日それを共有している。」

質問:「リリース時のキーノートで、まわりの期待をすこし抑えるようなことをいっておけば、と思いませんでしたか?」

ジョブズ氏いわく、AT&TはiPhone 4の契約に関して、完全払い戻し契約解除に対応するそう。つまり、iPhone 4で2年契約したら、ペナルティ無しにその前の契約にもどせるんだとか。

(ここでジョブス氏は、iPhone 4がいかにすぐれているかの話をしています。Retinaディスプレイ、最薄の電話等。)

ジョブズ氏:「我々はどちらも重要だ、どちらもやりたいと思っている会社だ。」

質問:「Appleはユーザーにデザインと実用性のどちらかをえらべ、とそういっているのですか?」

ジョブス:「ない。謝罪する必要はない。」

質問:「Appleへの投資者へ謝罪の言葉は?」

ジョブス氏:「Bloombergの記事のことをいってるのかな。その記事で話されていることは、私の意識していることではない。これはRubenとも話したが、くだらないことだと言っていたとこだ。」

質問:「この問題にたいして誰か忠告しなかったのですか?」

エンジニアの人の答え:「どんな電話でも握ったときはわるくなる。」

質問:「電話を握るとアンテナバーが減少するというのをみましたが、あなたは指1本で電話をさわってましたね。オンラインでみました。」

ジョブス氏:「次のアンテナデザインがどうなるかわからない。アンテナラボの魔法使い達がなにかいいアイディアを考えつくかもしれない。ただ、データを見る限りでは現状に問題はないと思う」

質問:「アンテナのデザインを変える可能性は?」

Jason:あ、誰かがジョブス氏の健康状態をたずねました。ジョブス氏はいたって健康で、休暇はハワイにいくそうです。

Q&Aタイム突入。(Tim CookとBob Mansfirld氏がステージに登場。)

Jason:ジョブス氏は、データからiPhone 4はやはり世界でもっとも優れたスマートフォンであると主張し、プレゼン終了。

Jason:Appleの株価に変動あり!Bumper配布アナウンス前の253.69から今は254.67にアップ! [Google]

ジョブズ氏:「もしかしたら、この問題も広報にまかせてしまうべきなのかもしれない。しかし我々はそうはしない、なぜならユーザーの抱える問題は、我々の問題でもあるからだ。」

ジョブス氏:「我々はユーザーが大好きだ、だからこそ300店舗も店をオープンさせてきた。」

Jason:ジョブス氏「我々はユーザーが好きだ。彼らを驚かせて喜ばせようといつも一生懸命だ。すっごく努力している。そしてそうやって努力するのもすばらしい。そして、我々は素晴らしい感動させる製品をつくってきた、Macs, iPhones, iPads, iPods, the Apple TV...」

ジョブズ氏:「さらにiPhone 4にはセンサーの問題があるようだとApple側でわかっているので、現在調査中。今後のiOS4のアップデイトで修正する予定だ。」

Jason:白iPhoneは7月末出荷予定なのはかわらず。

(どのタイミングから30日なのかは不明)

ジョブズ氏「Bumperを全員分、作ってくばるのは不可能かもしれないので、そのさいは、別のケースを作って対処する。お店でピックアップ、または郵送で。対象者は来週からwebで受付開始。それでも満足いかなければ、30日以内であれば全額払い戻し返品可能。世界17カ国(韓国を除く)で展開予定。」

Jason:もし、満足がいっていない人がいれば、全額払いもどしの返品をうけつける。さらに購入者全員には無料のケースを配布する。これは9月の30日まで、全てのiPhone 4を対象に行われる。 [Ars Technica]

Jason:ジョブス氏いわく、しかし全てのユーザーはハッピーになるまで、我々はがんばりつづけたい、と。[Apple Insider]

Jason: ジョブス氏は5千通を超える「きちんとiPhone 4動いているよ」というメールがユーザーからきたそう。故に、なぜこんなにこれが問題になっているのか、疑問だそうです。 [Ars Technica]

Jason:ジョブス氏いわく、電話がきれるのは、100回に1回以下。 そしてこれは3GSよりも少ない。つまり、3GSとの差は1%以下であるということだ。さらに、3GSリリース当時もこのような(電話がきれる)という事例は多く報告されており、それはiPhone 4よりも多かった。

Jason:ジョブス氏いわく、AT&Tがどれくらい電波のせいで電話がきれるか、というパーセンテージを発表することはできない。だが、3GSとの比較ならできる。 [Ars Technica]

Jason: この数字はメディアによるこの問題(アンテナ問題)の報道によっても増えなかった。ジョブス氏がAT&TとAppleの返品のパーセンテージを見せる。 [Apple Insider]

ジョブズ氏「3GSの返品は6%、iPhone 4は1.7%」

3GSとの比較へ入りました。

Jason:ジョブス氏いわく、Apple Careにこの問題でコンタクトしてきたのは、iPhone 4ユーザーのたった0.5%だそう。 [Ars Technica]

「18人のPhD(博士号)科学者と一緒にテストをした。しかし彼ら(科学者達)はこれはさほど大きな問題ではないと判断。理由は「どんなスマートフォンにも見られる問題だから」」

Jason:Appleは100ミリオンドルかけて社のアンテナラボでテストをした。 [Ars Technica]

Jason:ジョブス氏「これは業界全般におけるチャレンジであり、我々は最善をつくしている。しかし、どんな電話にも弱点はある。我々は完璧ではない。我々は(その弱点)をとても目に見えやすい形にしてしまっただけである。」 [gdgt]

(開始当初でアンテナソングがかかった時、会場はかなりしずまりかえってたようです。)

Jason:ジョブス氏「これがスマートフォンの世界だ。電話は完璧ではない。」 [gdgt]

Joel&Jasona:他社の電話の動画をながしています。BlackBerryの持ち方で電波がかわったり、HTC Droidでも同じ様な問題が発生していたり、Samsung Omniaも電波問題でバーの数が減ったり、という動画。

Jason:ジョブス氏「22日間たった。Appleはエンジニアの会社である。我々のやりかたは、対策を練る前に真の問題をきちんとみきわめることだ。我々は、真の問題点をつきとめたかった。そして、今日は我々がつきとめたことをここでみなさんと共有したいと思う。」 [gdgt]

Jason:今回は15分くらいのプレゼンと質疑応答になるようです。 [gdgt]

ジョブズ:「iPhone 4は今までで最高の製品であり、3週間で3百万台を売り上げた。」

ジョブズ:「我々も完璧ではない。 電話も同じだ、完璧ではない。しかし、我々は全てのユーザーに幸せになってもらいたい。ユーザーが幸せになることを我々は望んでいる。」

Jason:ステージにジョブス氏登場 [Ars Technica]

Jason:アンテナソングがかかってる模様です [Ars Technica]

Jason:はじまりました!! [gdgt]

Jason:外のプレスルームでは、リコールにフリーバンパー謝罪の言葉、目をそらさせるための新製品だと、まことしやかに噂がとびかってます。[Ars Technica]

(今回は米ギズも会場に入っていないので、米他ブログから情報をお届けしています。)

Jason Chen:gdgtが言うには今までで最小のappleイベントみたいです。[gdgt]

Jason Chen:ジャズがきこえてきました。[Ars Technica]

Jason Chen:入場開始です!

Jason Chen:噂できくところによると、今日は写真がすくないらしい。

Jason Chen:あと15分だーー!

(そうこ/遠藤充)