iPadウェディング! ちょっと失敗でも愛は誓えたぜ!

iPadウェディング! ちょっと失敗でも愛は誓えたぜ! 1

あなたは健やかなる時も病める時も、変わらずに愛することを誓いますか? iPadとの

ギークは晴れの舞台もギークらしくありたい! ということでギークな結婚式はいろいろありますが、今回はiPadを使った結婚式です。上の画、わかりますね、牧師さんが手にしているのはiPad!

米GIZMODOの読者Sol Lipman(ニックネーム)さんが彼のiPadウェディングの様子を報告してくれました。どうやら、ちょっと失敗したようで。

この週末、僕は結婚した。さらにもしこの結婚式をiPad使ってやったらすげーかっこいいんじゃないのか、と思いたった。イノベーターでアーリーアダプターになるんじゃないか、と思った。自分の中のギークの部分がどうしてもiPadウェディングをやりたいと強く訴えてきた。ある意味、結婚そのものよりも、iPadを使って結婚することの方にテンションがあがっていたのかもしれない。

iPadウェディングをすることでアーリーアダプターの1人となる僕の奥さんはどん引きした。さらにもし何か起きたら僕が痛い目に合うわよと、不吉なことを言って忠告してきた。僕はそれを笑い飛ばした、僕のジョブズへの信頼は大切な日を乗り切るのに十分なほどあつい。

結婚式が始まった。上の画にある通り何もかもがスムーズに進んでいった。...いってたんだけどさ。式の途中でなんとiPadに温度の警告メッセージが! 「オーバーヒートしています。冷やす必要があります。あーぁ、式が台無しじゃーん。」えーーーー!

そのメッセージを見た瞬間、完全に僕はパニックですよ。あぁ、牧師様、まさか式の途中で「技術的な問題」に直面するとは! 焦りはマックス、額からは滝のような汗。こうなったらしょうがない、式を早送りすることに。新婦の父親のスピーチまで一気に早送り。気持ちとしては「お義父さま! 長めのスピーチ頼む!(iPadが冷えるまで!)」

革仕様ノート風iPadケースDodoCaseからiPadを取り出して、奥さんの座ってる椅子の下へiPadを滑り込ませます。下は芝だし涼しいだろう。ケースからだしたiPadのエラーメッセージを見て、奥さんはほら見た事かとあきれ顔。こうなると予想していたのか! 列席者もあきれ顔。iPad様、頼むよー!

もちろん、なんだかんだで式は無事終わったのは終わった。列席者は大丈夫だよ、わからなかったよ、と優しい言葉をかけてくれた。

僕は後悔はしていない。アーリーアダプターとして、誰かが先へ先へと進めていかなくてはいけないのだ。そう、例えそれが、今までとは違った形で電話を持つ様なことだとしても。

なんだか笑っちゃいますね。

奥さんのあきれ顔が目に浮かびます。でも、奥さんにとっても大切な結婚式にこのギークなアイディアを忠告しつつも許可するなんてステキな奥さんじゃないですか! 困難を乗り越えた二人はこれからきっと末永く幸せにギークギークしながら暮らしていくのでしょうな!

Drew&Rebecca Dotyご夫妻、おめでとうございます! お幸せに!

Rosa Golijan(原文/そうこ)