【世界注意報】北朝鮮、空飛ぶ交通婦警を導入(動画)

北朝鮮が偉大なのは、どこまで本当どこからネタかわからないところ。

これもどうせ全部デタラメな字幕なんだろうなーとは思うんですが、あの金正日(キム・ジョンイル)ならあっても不思議はない...。

[嘘八百っぽい字幕の訳]

キャスター:

・今日、平壌市内で新軍事プログラムの演習が行われ、市民の間に衝撃が走りました。

・市内数カ所で奇妙なプラットフォームに乗った交通婦警が空から現れ、主要交差点に舞い降りたのです。

軍人:

・あーそうですね、これは我々の軍が前々から開発を進めてきた新技術です。

・この天才的アイディアを思いついたのは、親愛なる指導者様(Dear Leader=金主席)。

・我々が開発したのは、どこでも好きなところを選んで空から落とせる交通整理専用プラットフォームです。

・まず最初に、プラットフォームを軍用貨物航空機に積みます。

・次に、そこに交通婦警を乗せます。

・目標地点に到達したら、航空機からプラットフォームを外に押し出すんですよ。

キャスター:

・とても危険に思えるんですが、どのような仕組みになってるんですか?

軍人:

・このデカい傘がついてるお陰で着地まで安全に浮かんでられるんですよ。

・プラットフォーム中央には電磁パッドも埋め込まれてまして。

・交通婦警は靴底が金属のシューズを履いてるので、落下中もパッドに括りつけなんです。

・プラットフォームはGPSで目標の交差点まで誘導します。

・あとは婦警が予め指定された通りの手法で交通整理を行います。

キャスター:

・本当に素晴らしいですね。でもどうして空から落とすんでしょう?

 軍人:

・いやあ、可能性を、考えてもみてくださいよ。

・戦時中は敵陣に落とし込んで補給部隊を誤誘導できるんですよ。

・こんな技術を持ってる国は他にありません。途方もないアドバンテージです。

市民:

・いやー自分の目が信じられなかったですよ。アリランのリハーサルに行ったカミさん迎えに行く途中...

・空飛ぶプラットフォームが目の前に舞い降りたんですからね!

・なんでも市内の至るところに飛んできてるって言うじゃないですか。まるで侵略ですよ。

キャスター:

・空中交通部門のSung Park少佐にお話を伺ってみましょう。

・市内はどこも今日のこの話題でもちきりですね。

美人少佐:

・今日は市内で大きな注目を引き寄せたいと考えておりました。

・いわば(イラク侵攻戦略の)「shock and awe(衝撃と畏怖)」戦略の交通整理バージョンですね。

・今、平壌交通婦警は全市民注目の的。

・交通整理能力をドラマティックに演出することで、世界に我々の優位性をアピールしたかったのです。

・我々が極秘開発した交通プラットフォームを皆様にお披露目できて望外の喜びです。

・これからは、いつでもどこでも交通整理ができます。

・プラットフォームは国内どこでも30分未満でドロップ可能。

・どんなに良い気分かお伝えできたら良いのですが...

・...空から飛んでいけるんですよ!

・鳥のように自由に

・そして着地して交通整理を行う...

・これ以上の人生、ないです!

・ちょっとタバコが要るかしら。

婦警:

・参加できて本当にワクワクします。抑え切れないぐらい。親愛なる指導者様が仰るように、今日は国内の交通整理ですけど...明日は世界です!

Jesus Diaz(原文/satomi)