スタンフォード大学の新図書館「本」が激減

スタンフォード大学の新図書館「本」が激減 1

これからはこうなるのかなぁ。

図書館は本ではなく情報のアーカイブがある場所、ということでしょうか。

スタンフォード大学の工学関連の図書館が今度8月に新しくオープンするそうです。注目なのはその図書館の中身。今ある図書館よりも、本の冊数が85%減なのです。これは、教育関連図書司書さん達の本の未来への考え方のあらわれ、ということでしょうか。

生徒が図書館をどのように利用しているかに基づいて決断された結果のようです。近年、本を借りる生徒の数は今までで以上に減っています。工学図書館の記録では、過去5年の間で数多くの本が1度も借りられていない、という結果だそうです。

故に、物理的に場所をとる本を置くのではなく、検索可能な本や定期刊行物のデジタル版にアクセスできるシステムを導入するとのこと。そうは言っても、新図書館にも1万冊の本がはいりますが、現図書館の6万冊からくらべるとずいぶん思い切りましたよね。

本の冊数を減らして、物理的にあいたスペースで他のサービスを展開するのも図書司書さんたちは楽しみにしているようです。ワークショップや生徒達との交流等。

図書館という場所は今、変化のまっただ中にあるようです。

[NPR]

Kyle VanHemert(原文/そうこ)