クールな天気予報アプリ...じゃなくて、タワーです

クールな天気予報アプリ...じゃなくて、タワーです 1

天気予報をチェックする方法はいろいろあります。テレビのニュースで見るとか、携帯電話でチェックするとか。でも、ブリュッセルの人たちは、ある建物を見て天気予報を知ることができます。

その建物とは、ブリュッセルにあるDexia Towerです。6000ある窓を7万2000個のRGB LEDで彩り、明日の天気予報を表しています。といっても、これはベルギーのデザインスタジオラボ「au」のアートプロジェクトとして作られたので、天気を表現するのはお天気記号や数字ではなく、色と幾何学的なパターンになっています。たとえば、平年より気温が高いときは赤っぽい色、低いときは青っぽい色になったりします。雨や風といった天気はパターンで表します。

クールな天気予報アプリ...じゃなくて、タワーです 2

このプロジェクトのもうひとつのポイントは、比較的少ないLEDで大規模な設備を実現できていることです。ひとつの窓に割り当てられているいるLEDは12個ずつですが、光は直接窓の外に向けられるのではなく、ブラインドに映されているので、窓全体が光っているように見えるのです。だから、そのままではホームシアターくらいのサイズにしかならなかったかもしれませんが、この方法によって、2025年あたりのラスベガスからやってきたみたいな建物が実現できているというわけです。

[labau via designboom]

Mark Wilson(原文/miho)