お疲れ様~良く頑張った!って褒めてあげたくなるアートな地図

お疲れ様~良く頑張った!って褒めてあげたくなるアートな地図 1

        

線がごにょごにょしてますけど・・・

落書きで書いた地図とか、ロボットが書いた地図じゃないんです。これは、ウォリック大学の700エーカーあるキャンパスの地図なんですけど、なんと!283マイル(455キロ)を足で歩いて歩いて歩きまくって、その足取りをGPS衛星でトレイスして作成した地図なんです!

こんな風に、アクティブな地図製作方法を考え付いたのは恐れを知らない勇敢な地図製作者

Jeremy Woodさん。彼は、皆に彼らを取り囲む空間との関係について考える機会を与えたいと思い、17日間、兎に角キャンパスを歩き続けたんだそうです。Jeremyさんはキャンパスを歩く時、なるべく分かりやすい鮮明な地図ができるように、ビルの周りをぴったり歩いたり、余計な小道を避けるように歩く努力をしていたそうです。

でも、このGPS地図づくりで大変だったのは長距離歩くこと以外にもいろいろあったとか。例えば、17日間の間に2回ほどセキュリティーにひっかかってしまったり、出入りしないのに自動ドアを開け閉めして睨まれた事は、もう回数すらわすれてしまうぐらい何回もやっちゃったそうです。皆がJeremyさんが何をしているのか?知ってればいいですけど、ちょっと挙動不審っぽく思われてしまったかも・・・。とはいえ、この地図の仕上がりを観れば、そんな事どうでもよくなりそですね。

それでは、もう一枚、Jeremyさん頑張りましたねーって思うGPS地図をご覧ください。

 

お疲れ様~良く頑張った!って褒めてあげたくなるアートな地図 2

     

うぉ~っ! Jeremy Woodさんのサインや文字が描かれてますよね。すごい~! これってある意味、パブリックアート!?

それにしても、いったい、何歩ぐらい歩いたんだろ~?Jeremyさん、歩数計付ければよかったのにね。

[Traverse Me via Infosthetics]

Kyle VanHemert(原文/junjun )