ワイン専用の自動販売機が出たよ!

ワイン専用の自動販売機が出たよ! 1

物珍しさから売上げも急上昇中!

米国はペンシルバニア州のアルコール規制は、なかなか厳格なことで有名だそうですけど、このほど酒類販売の規制に当たるPennsylvania Liquor Control Boardが、合法的にワインを買える国内初の専用自動販売機の試験運用をスタートしましたよ。

ガラスショーケースの扉の内側に、世界各国からの53種類もの銘柄が並ぶ自動販売機には、ATMのような端末が設置されており、タッチパネルで欲しいワインを選択すると、運転免許証などのIDカードを読み取らせ、顔写真の照合が行なわれます。アルコール検知器に息を吹きかけて酔っていないことが確認されると、無事に購入できる仕組みになっていますね。

現在は、スポンサーが自動販売機にCMを流せることを条件に、利用手数料は無料でサービス提供中ですが、なかなか利用者の評判は上々でして、予想を上回る売れ行きにもなっているみたいですよ。このまま試験運用が成功のうちに終われば、州内の他の100カ所に次々と設置を進めるほか、他の州にも展開していく予定です。

日本ではビールの自動販売機がありますけど、こんなワイン専用の洒落たシステムがあってもいいかもね~

[Yahoo! via Gawker]

Kyle VanHemert(原文/湯木進悟)