「入ったら最後」に思えて仕方ないトンネル

「入ったら最後」に思えて仕方ないトンネル 1

一歩中に入ったら二度と出てこれなそうな雰囲気満載です。

これはテネシーのアーノルド空軍基地にある、超音速用風洞トンネル。「極超音速技術を用いた、たとえばウェイブライダータイプの乗り物だとか、スクラムジェット・エンジンだとか、音波透過性のスペースシャトルだとかのテストに用いられる」のだそうです。

まさに機械獣。最新テクノロジーが作った猛獣の顎のようなそのビジュアル。画像をクリックすると大きい画が表示されますので、ぜひご覧になってみてください。

[Arnold AFB via Jalopnik]

Rosa Golijan(いちる)