ハイパーカード復活? 大胆予測 iLife 2011

ハイパーカード復活? 大胆予測 iLife 2011 1

意外といけるかも。

フランスのブログ、Mac4Everによると iLife'112010年8月7日にリリースされるとのこと。お値段は79ドル64bit対応、FaceBookに完全対応、iWebをバージョンアップし、さらには謎に包まれている新アプリが登場するとか。

現在詳細はまったくもって不明ですが、iDVDにとってかわるようです。iDVDは完全に消滅するわけですが、物理メディアの衰退っぷりを考えるとこれは自然なこと。いまやコンテンツはネットを通して流通するわけですからね。では iLifeとしてふさわしい新アプリはどんなものでしょう。

iOS用アプリが簡単に作れるビジュアル・ハイパーカード

昔ながらのMacユーザーにお馴染みのハイパーカード。プログラミング技術なしにアプリが作れるのが売りでしたが、これをiOSに対応させるのはどうでしょう。テンプレート画像ドラッグ&ドロップするだけで簡単にiOSアプリが作れるなんて、素敵ですね。これができれば今までアプリを選ぶだけだったユーザーが、自分自身の好きなアプリを作ることができて世界が広がりますよ。

安全なアプリの供給

新ハイパーカードで作るアプリは複雑なプログラミングを排除して安全になります。特にテザリングなどAppleにとって都合の悪いアプリは作れないように。もちろんそれをさらにハックする人はでるんでしょうけどね。

これはあくまでも予想というか、私の希望であって実際のうわさや情報をもとにしたわけじゃありません。ただこういったユーザーの力をエンハンスするようなアプローチは、1990年代に Bill Atkinsonがやったことですから、今再びやっても悪くないと思います。

[Mac4ever]

Mark Wilson(原文/野間恒毅)