ペ、ペリクルミラーの再来か!? ソニーから世界初透過ミラー搭載デジタル一眼カメラ「α55」「α33」発売

ペ、ペリクルミラーの再来か!? ソニーから世界初透過ミラー搭載デジタル一眼カメラ「α55」「α33」発売 1

ソニー、やっぱりソニー! なんかすごいぞ!!

ソニーから本日発表されたデジタル一眼カメラの新機種「α55」と「α33」。この両機種には世界初となる透過ミラーを搭載しています。上の写真はα55です。

透過ミラー採用により、連写性能が大幅アップ。α55で秒間10コマ、α33で秒間7コマの連写を実現しています。

以前、キヤノンは同じように光を通すペリクルミラーを搭載した一眼レフカメラ「EOS RT」、そして「EOS 1N RS」を発売していました。EOS 1N RSはシャッタータイムラグが0.006秒と短く、撮影時のファインダー消失時間がほぼゼロのため、スポーツやモーターレースの撮影などに用いられていました。

そのペリクルミラーとは素材などが異なるため、厳密には同じものではありませんが、古くからもカメラファンは、「おお、ペリクルミラーみたい」と思うことでしょう。

ペ、ペリクルミラーの再来か!? ソニーから世界初透過ミラー搭載デジタル一眼カメラ「α55」「α33」発売 2

こちらはα33です。両機種とも光学ファインダーではなく電子ビューファインダーを搭載し、ボディはこれまでのシリーズ最小となっています。

透過ミラー採用の恩恵は、連射性能だけではありません。動画撮影中もTTL位相差検出AFが作動。写真撮影時と同じように高速・高精度なAFが使えます。AVCHDフルハイビジョンの録画に対応しています。

α55とα33の違いは連写性能と画素数です。α55は1620万画素、α33は1420万画素となっています。また、α55にはGPS機能も搭載されています。

両機種とも背面の3型液晶モニタは可動式です。解像度は約92万画素となっています。液晶ビューファインダーは「Tru-Finder」という名称で、有効115万ドットの高解像度仕様となっています。視野率は100%です。

その他、いろいろな機能が搭載されていますが、詳しくは各機種のページを見てください。

発売は9月10日。実勢予想価格はα55のボディのみが9万円、標準ズームキットが9万5000円、Wズームキットが11万5000円、α33のボディのみが7万5000円、標準ズームキットが8万円、Wズームキットが10万円となっています。

最近のソニーは、ほんとワクワクさせてくれますね。早くこのカメラ触ってみたい!

α55α33[ソニー]

(三浦一紀)

 

※ご指摘ありがとうございます、記事修正しました!