ジェットエンジン点火~で時速590kmにて爆走する超高速スクールバス!(動画)

もう絶対に遅刻とはオサラバかも~

米国はインディアナポリスに住むポールさんは、戦闘機に搭載されていたジェットエンジンで爆走するスクールバスを自作しちゃいましたよ! 最大出力で点火すると、最高時速367マイル(約590km)にて道路を疾走できちゃうんだとか。ただし、その代償も大きくって、ジェットエンジンをフル稼働させたりすれば、ガソリン満タンの150マイル(約570リットル)なんて一気に消費してしまう最悪の燃費みたいです。おまけに後ろから噴き出す炎の長さは80フィート(約25m)にまで達して、周囲にはモウモウと煙が立ち込めちゃいますね...

子どもたちにコンピューターの前へ座っているだけでは学べないスゴいことだってあるって教えてやりたかったんだ。こんなド迫力スケールのスクールバスを本当に目の前で見たら驚くだろう。それに、俺は大した勉強もしなかったけど、それでも自分で研究を重ねて、こんなジェットエンジンで走るスクールバスを完成させられた。そんな夢中になれることが世の中にはたくさんあるってことを伝えたかったんだよ。

はい、きっとこんなスクールバスで1度でも学校に通ったら、決して忘れられない貴重な教訓が学べるんだろうなって思いましたよ。ちなみに、もうとにかく驚きの自作ジェットエンジンな乗り物の数々は、こちらの傑作集でもズラリと並んでおります。意外と男のロマンなのかもね~

[Telegraph UK]

Brian Barrett(原文/湯木進悟)