売りも売ったり100万ドル!ジョブズ願望の起業家@16歳

2010.08.17 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100813_branchrkid.jpg


ジョブズかっけー! ジョブズなりてー! と思うだけで終わらなかった。

彼の名はクリスティアン・オーウェンズ(Christian Owens)、歳は16。Appleスティーブ・ジョブズCEOにインスパイアされ、なんと2年で売上100万ドル(8621万円)を突破した若きミリオネア予備軍です。その軌跡を振り返ってみましょう。


このティーンは英国ノーサンプトンシャー州コービー在住。7歳で初めてコンピュータに触り、3年後Macを1台購入、独学でウェブデザインを習得して、4年後の2008年に14歳で最初の会社を始めました。

ご存知の方もいるかな? 「Mac Bundle Box」という至ってシンプルなサイトを始めたんですね。以下がそのスクリーンショット。Apple独自のデザインのガイドラインとスタイルに根ざしたキレイなサイトですね。


100813_mac-bundle.jpg


このページ上で、すご~く魅力的なMac OS X対応アプリケーションを集めたパッケージを割引価格で期間限定で売り出したのです。ちゃんと開発者に値段交渉して、割引き価格でアプリ売っていいという契約を取ってね。こうして生まれたバンドルは市価400ドルのところ、10分の1という驚きの出血プライス!

安いだけじゃありません。パッケージが一定数売れると、購入者全員に新アプリケーションをアンロックするというプロモートの仕掛けも用意したんですよ。これなら買った人たちが放っといてもクチコミで宣伝してくれますもんね。う~ん、うまい!

うまいだけじゃありません。なんと彼、全売上高から一定の歩合をチャリティーに回してるんです。ひょえーもはや偉人!
 

アイディアはビンゴ、大当たり、スマッシュヒット~! 彼の「Mac Bundle Box」は発売からたちまち2年で売上高100万ドル(70万英ポンド、8621万円)を突破します。

が、これぐらいの成功では飽き足らないミニ・ジョブズ。これと平行してペイ・パー・クリック広告の新規ベンチャー「Branchr」も始めたんです。サイトやiPhone&Androidアプリ合計1万7500件に月間3億件の広告を配信する会社です。同社の解説によると、こうしたプラットフォーム向けに「コンテキスト連動型、行動連動型、パブリッシャー定義、ジオロケ」のターゲット広告を配信してるみたいですね。

こちらも最初の1年でたちまち80万ドル(6900万円)もの広告収入をあげ、ついには大のおとな8人を従業員として採用するまでになったんでございますよ。うちひとりは、なんと43歳になる自分の母親! (くー、なんてラッキーな母親! 訳者も雇われたい!)

10年後の自分が何やってるかは想像もつかないけど、次にやりたいのはBranchrで売上1億英ポンドあげることなのだとか。この調子でいけばそれも夢じゃないかもね。売上高は2社合計100万ドル超えてるけど利益はまだそこまで行ってないので厳密には「ミリオネア」じゃないんですが、会社は順調に成長してると彼は言ってるし ―Branchrはもう別会社を1社買収済み― 利益はすべて会社の再投資に回してるそうなので。

成功の秘密? 秘密なんてものない...と彼は答えてます。

ビジネスには魔法の妙薬なんてものはない。コツコツ働き、やると決めたら曲げず、なにかデカいことをやってやるんだという気概あるのみ。

今の子どもは集中力散漫で阿呆になってるなんて誰が言った? えらいぞ、クリスティアン!


[SWNS]

Jesuz Diaz(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B003V8A49U


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア