Androidの開発者、アップルよりも心が広い? 優良アプリでも無料提供する流れが顕著に...

100831appstorechart.jpg

あまりAndroidだと儲からないのかも?

このほどRoyal Pingdomが実施した最新調査結果によると、App Storeに並ぶ25万種類のiOSアプリのうち、約7割が有料アプリケーションであったのに対して、Android Marketの全9万5000種類のアプリに占める有料アプリケーションの割合は36%に過ぎなかったことが判明しちゃいましたよ。

つまり、ユーザーが無料でダウンロード可能なアプリの割合は、圧倒的にAndroid Marketのほうが比率が高いことになりますが、グーグルが有料のAndroidアプリを販売可能な国や地域は限られている点を考慮に入れたとしても、あまりにもアップルのApp Storeとの開きがありますね。もしやAndroidの開発者には、ボランティア精神にあふれる心の広い方が多いのでしょうか?

そんな疑問を投げかけた後、Royal Pingdomが有力な理由に挙げたのは、Androidには海賊版のアプリをインストールしやすい欠点があるという気がかりなポイントです。iPhoneなんかよりも、よっぽど簡単に有料のアプリを裏ルートで無料入手してインストールできちゃったりもするため、あんまりAndroid Marketに高額な優良アプリを並べる意味がないのではって意見ですね。

なにはともあれ、Android Marketには、アップルの厳格過ぎる審査を嫌って流れてきた興味深い無料アプリが多数発見できるとの観察もあるそうで、ちょっぴりiPhoneユーザーにはうらやましいかも!?

[Royal Pingdom]

Kamelia Angelova(原文/湯木進悟)