Android 2.2のスクリーンショットとFroyoの使える機能を大公開!

ライフハッカー[日本版]より:

Android 2.2(コードネーム「Froyo」。アルファベット順で、カップケーキ、ドーナッツ、エクレアの次にくるデザートの名前。)がNexus Oneでのリリースを開始します。アップデートを受け取った方も、そうでない方も、まずは、米Lifehackerがオススメする機能とスクリーンショットを見てみてください。

システムアップデートのメニューアイテムを、繰り返しタッチした結果、何も得られずに終わることにウンザリしている方は、マニュアルでN1から2.2へとアップデートできます(英文記事参照)。この方法、米LifehackerのT-Mobile Nexus Oneでは上手くいったとのこと。しかし、AT&TのNexus Oneでは上手くいかない、というレポートも届いています。マニュアルアップデートは、DroidやEVOなどではできないようです。

 

Android 2.2のスクリーンショットとFroyoの使える機能を大公開! 1
※ 以降の画像全て
クリックすると拡大
Android2.2には3つの注目機能があります。ビルトインテザリング・ポータブルホットスポット、Flash対応、そしてよりスムーズなJavaScriptパフォーマンスです(Microsoft Exchangeにも対応したとのこと)。他にも、インターフェイスの機能性向上などがあります。米Lifehackerのお気に入りは、ホームスクリーンドック(左の画像参照)です。タッチ1回で主要3機能(ダイアル、アプリ、ブラウザ)にクイックアクセスできます。

 

 

 

 

■ポータブルホットスポットとUSBテザリング

Android 2.2のスクリーンショットとFroyoの使える機能を大公開! 2
Froyoがあれば、PdaNetなどのアプリや、ラップトップでオンラインするためのAndroidのルーティングが必要ありません。Android 2.2をポータブルホットスポットとして使えば、ラップトップやiPod touch、iPadをオンラインにすることが可能です。無線エリアでポータブルホットスポットを許可し、アクセスポイントに名前をつければ、Wi-Fi対応のデバイスでオンライン接続ができます。最大8つのデバイスでFroyoのアクセスポイントに接続可能でしたが、明確な接続限度は不明です。

USBテザリングとは、携帯電話をモデムとして使用すること。これは、WindowsとLinux(残念ながらMacは非対応)で可能です。Windows XPユーザーは、ドライバをインストールする必要があります。Windows 7、Linuxユーザーはテザリングを許可して、USBケーブルで電話をつなげば、準備OKです。


■テキストをウェブページやメールから選択

Android 2.2のスクリーンショットとFroyoの使える機能を大公開! 3
iPhone OSのテキスト選択機能ほどは優れていませんが、Froyoでもテキストフィールドにないテキストを選択して、コピーすることができるようになりました。米Lifehackerによると、Gmailとブラウザでしかできないようなので、今後改善されることを願いましょう。

ウェブページもしくはメール上で、セッティングメニューから「More」、そして「Select text」をタッチすれば、テキストを選択できます。

 

 

Android 2.2のスクリーンショットとFroyoの使える機能を大公開! 4
小さなマウスポインタが画面に表示されるので、タッチして選択したいテキスト範囲をドラッグします。すると、選択された部分がピンクになり、クリップボードへと自動的にコピーされます

この機能の難点は、セッティングメニューの深い部分にあって、手間がかかるというところ。しかし、無いよりはマシですよね。




■Flash対応

Android 2.2のスクリーンショットとFroyoの使える機能を大公開! 5
Froyo用のFlash 10のベータ版プラグインは、Adroid Marketでダウンロードできます。プラグインを機能させると、フラッシュベースの広告や動画が表示され、フラッシュベースのゲームもプレイ可能になります。原文筆者がパックマンをプレイしたところ、BGMがしっかり再生されたとのことです(パンクマンのフラッシュコンテンツはBGMのみ)。Youtube動画の再生はできたものの、HuluとVimeoの動画は再生できなかったようです。そのことから、Android用のFlash 10プラグインは、まだまだベータ段階だということがわかります。

 

 

Android 2.2のスクリーンショットとFroyoの使える機能を大公開! 6
ウェブページのFlashコンテンツの全てを見る必要性は感じないという方は、設定でFlashのオン・オフができます。ブラウザの設定パネルから「Enable plug-ins」をタッチし、「On demand」を選択すると、Flashコンテンツのあるウェブページを訪れる度に、Flashのオン・オフを確認してくれるようになります。Flashのオン・オフにより、電池のもちが変化するかどうかは不明です。




 

続きを読む