[DIY] 婚約指輪の作り方

[DIY] 婚約指輪の作り方 1

DIYの最高峰かもしれません。

Matt Katzさんはそんな最高峰のDIYをやってのけました。婚約指輪をDIYしたのです。バンド部分の金属をまげて、石を選び準備して磨き。そりゃもう美しい婚約指輪を作り上げました。

Mattさんの婚約指輪ができるまでのお話、どうぞ!

------------------

このプロジェクトは7年の準備期間と42時間の労働時間が必要です。インスピレーションを大事にしながら、プロのガイドのもと作っていきます。やはりプロのアドバイスやアシスタントがないとなかなか。今回はNew York Wedding RingsのSam Abbay氏に頼みました。必要な素材を安全に集めてくれ、的確なアドバイスをくれました。

まずは材料集め。僕の場合はリサイクルされたホワイトゴールドとローズゴールドをちょびっと、モアサナイトの原石。

■バンドを作ろう

[DIY] 婚約指輪の作り方 2
バンド、指輪の輪っかの部分ですね。

長い棒状のゴールドを曲げやすくするためにアニールし(熱し)ます。十分に熱したら曲げるための装置へ移動。丸くします。棒をクルッっと丸くしたら、割れ目の部分が上にくるように鉄床に置いて両端を小さなハンマーで叩いて閉じていきます。すると写真のように隙間がVの字になりますね。

きれいな端っこ(円のとじ目部分)を作るためには、腕の達宝石職人さんにV字になってるところをきれいにカットしてもらいましょう。カットのあともうすこしガンガンとたたくときちんと閉じてくれます。

[DIY] 婚約指輪の作り方 3

■閉じて丸くしよう

[DIY] 婚約指輪の作り方 4
さて、ロウ付けでその円を閉じます。

が、まずは溶剤で包みます。溶剤は酸化して変色するのを防ぐため。つなぎ金具をつけ、ホワイトゴールドのかけらを割れ目に入れます。そして、バーナーで赤く光るくらいまでガンガン熱します。ロウ付けした部分が溶けてきたら、きれいに割れ目部分に入りこんで円をきちんとつないでくれます。その後はすぐに冷まします。1度冷えたら、もう1度熱して溶剤を溶かしてしまいます。

 

[DIY] 婚約指輪の作り方 5
さてこの段階でリングをきれいな丸にします。心棒にリングを入れサイズ調整もこの時行います。皮でできたハンマーを使い叩いてサイズを合わせながら完璧な丸を作ります。

さてこれが第1ラウンド終了時の指輪。結婚指輪の中にはこれでできあがりのものもあります、これで磨きかけて終了。ですが今回の婚約指輪はまだまだできあがりには遠いですよ。

[DIY] 婚約指輪の作り方 6

■台座を作ろう

[DIY] 婚約指輪の作り方 7

リングの部分と台座の部分のつなぎがスムーズになるようにするためには、棒状の時のあまり部分を使います。それをクルッとまいて薄くしパーツ(石を入れるところではなく、その部分を止めるパーツ)を作ります。そして曲げるための装置にかけると台座とリングの弧の部分が同じになります。心棒を使って外側を薄くします。

リングと台座の留め金の部分に溶液を塗り、針金でとめます。そしておいてこのパーツをロウ付け。これで1つのパーツになりましたね。

[DIY] 婚約指輪の作り方 8

さていよいよ台座部分。棒状のホワイトゴールドをクルッと輪にします。それをパンチにかけるのですが、今回は完成の石の形が楕円なのでパンチも楕円に。このパンチ装置にかけると石を置くうまい楕円のカップができるのです。そしてこのカップをリングにいれるためにのこぎり(ジュエリー用)でカット。カップがはいる大きさにリングをカットしてしまいます。

[DIY] 婚約指輪の作り方 9

そしてロウ付け。

ロウ付けの後は、リングと台座の境界線をスムーズにする作業。ドレメル工具を使って作業していくのですが、かなり時間がかかります。終わると金のパーツ(今回はローズゴールド)を境界線の部分にはめます。これは手際よくさっさかやらなくてはなりません。ちんたらやっていると、熱しすぎてローズゴールドが垂れてしまいます。

[DIY] 婚約指輪の作り方 10

この後はひたすら指輪全体の形を整えます。端を丸くキレイにし、台座の内側(リングとして指に当たる部分)を丸くし、あとは指輪を磨いていきます。石をつけたらまた仕上げの磨きがあります。

[DIY] 婚約指輪の作り方 11

■石を取り付けよう

リングの部分を傷つけないため熱硬化性プラスチックでカバーします。ドレメル工具で台座の中を薄く彫ります。石がきちんと収まるくらい深めに。

[DIY] 婚約指輪の作り方 12

のこぎりで台座の一部を偏菱形にカット。こうすることで石が浮いているようにみえ、光がサイドからも入ってよりキラキラに。ハンマーと彫刻刀を使い台座のエッジを叩いて調整。ゆっくり優しく。強くしすぎるとポキンと折れてしまうかもしれませんよ。ルーペを使って石のバランスをチェック。

[DIY] 婚約指輪の作り方 13

■磨こう

指輪をお湯にいれて、熱硬化性プラスチックを剥ぎとります。細かい研磨剤や紙ヤスリで指輪をキレイに磨き上げていきます。磨きがおわったら指輪を洗って細かいくずを落とします。

さーて! できあがり!! 写真をとってみんなに見せましょう。

20100824diyring1320100824diyring1420100824diyring1520100824diyring16

■あげよう

人生を共にしたい素敵なパートナーをみつけたら、あとはこの指輪を渡すだけ! さて、次は結婚指輪の制作にでもはいりましょうか!

なるほど。DIYと言ってもやはりプロのお手伝いがないとできそうにありません。宝石職人、深いなぁ。細かい作業ですしね。

それより何より、素敵なパートナーをみつけてから指輪を作りたいもんです。Mattさんが最初に言ってる準備期間ってのは愛を育む時間のことですかね! まぁ、本当に好きな人からならカンジュースのプルトップ指輪でもきっと嬉しいよね!...ね?

※コメントのはんだづけのご指摘ありがとうございます。ロウ付けに修正いたしました。

Matt Katz(原文/そうこ)