携帯電話の基地局をナチュラル仕様に(動画)

もっと日本でも採用していっていいと思うんですが...

やっぱり携帯電話会社が設置するアンテナ(基地局)は、広いエリアをカバーして周囲に強い電波を飛ばすためにも目立つ場所に置かれていくんでしょうけど、当然ながら人工物ですから自然に優しい存在とはなりませんよね。

ただ海外では、これからも増え続ける一方の携帯電話アンテナを、少しでもナチュラルな設置方法に変えていこうって動きが活発になってきてるみたいです。たとえば、トップのアンテナ部分を椰子の木さながらの外観にしてしまったり、鉄塔の柱まで周りの樹木と同じように見えるデザインに仕上げていったりという感じです。

こういうカモフラージュ基地局を探し当てよう...みたいなオリエンテーリング風の探索も、ちょっとしたブームになっていくかもしれません。ぜひ日本の携帯電話会社も、いいアイディアで倣っていってほしいものですよね。

[YouTube]

Kyle VanHemert(原文/湯木進悟)