無人操縦のロボットエコカー、ユーラシア大陸横断の壮大アタック敢行中!

無人操縦のロボットエコカー、ユーラシア大陸横断の壮大アタック敢行中! 1

ロボットと電気の力だけで大陸横断っすよ!

一目見ただけでは非力な旧型のバンにしか見えませんけど、実はこのイタリアのVisLabによって改造された電気自動車は、運転席に座るドライバーの手を借りることなく、周囲の道路状況を自動判断して目的地へと走行するロボットカーなんですよね。EC(欧州委員会)欧州研究機構(European Research Council)がサポートするプロジェクトで、イタリアからロシアを抜けて中国は北京のゴールを目指す、計8000マイル(約1万2870km)を超えるコースの完走アタックに現在挑戦中です。

普通にガソリン車でロボット走行にてチャレンジするだけでも大変だと思うんですけど、なにせ1回の充電で走れる距離に制限の多い電気自動車でのアタックなので、実際には上の写真のロボットEVバンを2台用意しまして、1台が走行中は、もう1台を併走するトラックの荷台に載せて充電しながら走り、充電が完了すると載せ換えることの繰り返しで3か月後のゴールインを目指していますよ。

あと今回のプロジェクトは、さすがに各国でロボットカーが事故を起こしまくっても困りますから、実際には常に運転席には人間のドライバーを乗せて、明らかにロボットカーが判断を誤りそうになると、マニュアル操作で危険を回避する手順で実施中ですが、これまでのところは、ほとんど人間が介入しなくてもいい好調ぶりなんだとか。

きっと将来は長距離輸送トラックの役割もロボットカーで担う時代がやって来るんでしょうね~

[NPR]

Clay Dillow(原文/湯木進悟)