グワンときます。四次元の映像

グワンときます。四次元の映像 1

現実が指の隙間からこぼれ落ちていくような世界。

2010年初頭は3Dで盛り上がりましたが、映像アーティストのドン・ウィテカー(Don Whitaker)さんは1歩先いく4D! ソフトのスクリプトを使って海の映像から想像上の四次元ワールドを再現しました。

以下がそれ(酔ってない時に見ようね)。

自然愛好家でもあるウィテカーさんが使ったのは米オレゴンの沖合の映像です。そこからこんな超現実的な一度見たら脳裏に灼きついて離れないような映像を生成しました。スクリプトは、ビジュアルアートに特化したオープンソースのプログラミング言語Processingで書かれたもので、映像のフレームの垂直な断片をとって、それを水平に積み上げ、また次のフレームから垂直な断片をとって積み上げて...という処理が可能。そうしてできたのが、この時空両方に広がる映像というわけです。

「この世界を四次元のスポットから見ると、きっとこういう風に見えると思いたいですね」

「この映像は先に進むにつれ、僕らの見ているスポットも空間を移動していくんです」

「普通は映像が先に進むと、それを見てる僕らも一緒に時間をくぐり抜けていく。つまり言うなればこの映像で僕らはその両者(時間と空間)を交換したのです」(ウィテカーさん)

何度も見ると気が変になりそう。でも確かに綺麗ですね。

[Surfing the 4th Dimension via Boing Boing]

Sam Biddle(原文/satomi)