宇宙へ。新鮮な驚きと息をのむ美しさをいつもありがとう

宇宙へ。新鮮な驚きと息をのむ美しさをいつもありがとう 1

そして、その驚きと美しさは無限なのですね。

上の写真(クリックで拡大しますよ!)は触覚銀河。1億年以上前から2つの銀河が衝突をはじめ、これまた何100万という星を造り、それらの星はやがて超新星として爆発していきます。

美しいなぁ。それしか言えません。

この銀河をこの目で見る事ができないのが悲しいなぁ。

とはいっても望遠鏡によって地球から6200万光年以上も離れている銀河を見る事ができるなんて幸せですよね。この画はチャンドラX線観測衛星(青色)とハッブル宇宙望遠鏡(金色・茶色)とスピッツァー宇宙望遠鏡(赤色)からの画像を組み合わせてつくられたものです。

ネタ元のNASAのFlickrでオリジナルサイズ3545 x 3600を見る事ができますよ!

※コメントどうもありがとうございました。クリックで画像拡大修正しました。

[NASA Goddard at Flickr]

Jesus Diaz(原文/そうこ)