「通天閣ロボ」を知っているか?ロボタレブームの予感

「通天閣ロボ」を知っているか?ロボタレブームの予感 1

いかにも大阪ですね。

通天閣ロボ」は2010(ツー・テン)年、「大阪を元気に明るくする」ために日本橋商店街が製作したラジコン2足歩行ロボットです。その無骨でマッシブなデザインは非常にカッコよく、通天閣への愛を感じます。

総工費約1千万円。

全高は実物の約60分の1となる170cm、重量30kg。(設定上は全高130m、重量1243.4tで、ボディはなんとザクマシンガンの弾すら弾き返せるルナチタニウム合金製。年齢は54歳。)

また、大阪市の住民票を持っています

ハリウッド映画への出演も目指しているそうです。

「通天閣ロボ」を知っているか?ロボタレブームの予感 2

テレビ番組へ出演したり各種イベントへ参加したりするなど、活躍の幅を広げるロボタレの通天閣ロボ。大阪PRの一環として東京を訪れ「メイドとまわる秋葉原ツアー」に参加したり、ホンダのASIMOと握手をしたりもしています。

通天閣ロボ「もぇ~。もぇもぇ~」

僕はランドマークをロボット化するという発想に非常に感動しました。

公式によると、

わざわざ等身大ロボを建立するでもなく、新世界に行けば簡単にその迫力を実感出来ます。3DCGのパフォーマンスと相まって人気ロボへと成長して欲しい。通天閣ファンはもとより、通天閣ロボファンを開拓し、新しいロボット文化に発展して行く事を強く望んでいます結果、大阪に人が集まり活気が生れる...そんなロボットになってくれれば良いですね。

とのことです。ナルホドですね。

通天閣がそのままのスケールで「巨大ロボット」になったというコンセプトだからこそ、実際の通天閣を見に行ってみたくなります。まさに「会いに行けるアイドル」もとい「会いに行ける巨大ロボ」なんですね。

そして同時に、「会いに来てくれる観光名所」でもあります。

ロボ好きな僕としては、全国のランドマークを御当地ロボ化して、ガンダムファイトみたく戦ってもらいたいです。でも実際にやったらガンダムファイトと言うか、ゆるキャラ相撲に近くなるのかな...

あと御当地ロボの格ゲーとかあったら絶対買うんですが。

(ちなみに僕は宮城出身なんですが、宮城のランドマークってなんでしょうか?まさかアエル?...仙台大観音...?)

御当地ヒーローがブームになりましたが、これからは御当地ロボでしょうかね?

等身大のロボットはかなり存在感があるので、もしかしたら人間以上にタレント性があるかもしれません。

また、御当地ロボに限らずとも、今後存在感のあるロボット・タレントが増えそうな予感がします。

[TSUTENKAKU ROBO Official Website通天閣(つうてんかく)オフィシャルサイト 、 ASCII.jpナッキィーのロボットガレージ]

(鉄太郎)