足指チャットでSOS! 自ら命を救った女性

足指チャットでSOS! 自ら命を救った女性 1

普段、ものぐさな人の方が有利かも!?

このインスタント・メッセージで交わされている会話は、ある女性が、人生で最も恐ろしい体験をしている間に行われたものなんです。

この時、彼女はベッドに縛り付けられていたんです。そして武装した強盗が、いつ戻ってくるかと怖がりながら足の指を使って一生懸命にタイピングしたんです。

すごいっ!足の指、器用すぎるよ~!

そんなスゴ技で無事に救出されたのは、39歳のAmy Windomさん。強盗が家に侵入し、色んなものと車を持ち去った後、ベッドに縛り付けられたAmyさんは身動きも取れないし、再び犯人が戻ってくるかも!?という恐怖で、4時間ほどパニック状態に・・・そして、このアイディアが頭にうかんできたそうです。

4時15分頃、彼が私のベッドの足もとにあるラップトップを残していった事に気づいたんです。そして、私は助けてもらえる可能性を広げるべく、近くを人が通り過ぎる音を聴き逃さないよう、脚を使って頭の近くに置いてあった目覚まし時計のタイマーをオフにしました。次に、自分が思ってるよりも足でいろんな事ができるのかも!?と思い、足でラップトップを引き寄せてこじ開けました。そして、苦労しながらアンロックするためにコントロールキーと、altデリートキー同時に押しました。Wifiがすぐに現れ接続が生きてることが分かった時はもう、素晴らしい瞬間でした。犯人が電話線を切っていったんじゃないかと不安だったから・・・。

ちなみに、彼女の足の親指は個々のキーをうつには大きすぎということで、彼女は片足の親指をマウスとして利用し、もう片方の足のつま先で電源コードを握って文字を入力し、ボーイフレンドに警察を呼ぶようメッセージを送ることができたんだそうです。

物を落としちゃった時に、しゃがんだり動くのが面倒くさいから足で拾ったりすると怒られちゃうけど、Amyさんみたいな体験をした時とか、足しか使えないピンチの時に役立つかも!?ムリそうだけど、足のつま先で携帯のキーボード入力出来るようになったら、怖いものなしですね。

[AJC]

Rosa Golijan(原文/junjun )