人工衛星についてるカメラのホワイトバランス調整方法はスケールがでっかいぜ!

人工衛星についてるカメラのホワイトバランス調整方法はスケールがでっかいぜ! 1

でっかくいこうぜ! でっかく!

さすが宇宙に飛び出していく人工衛星です。話のスケールがガツンとでかいぜ!

カメラのホワイトバランスを調節する時に、白色や18%グレーのボード等を使いますよね。人工衛星についてるカメラだってホワイトバランスの調整が必要なのです。では何を基調として調整しているのでしょうかね? なんとトルコにある干上がった湖だそうですよ。

各国によって違うのかもしれませんが、イギリスの科学者チームはトルコにあるトゥズ湖という湖を使ってホワイトバランスを調整しているそうです。トゥズ湖はとても塩分が高く、夏の間は水が干上がり一面真っ白な塩の層になります。今月の14日から25日の間に科学者達はこの湖の白さを使って人工衛星にあるカメラのホワイトバランスを調整します。

トゥズ湖の他にも世界では7カ所、衛星カメラの調節のために使われている場所があるそうですよ!

でっかい話だなぁ!

[NPL via PopSci]

Kat Hannaford(原文/そうこ)