伝授しましょう。あなたのショートムービーの完成度がグっと良くなる22の秘訣

9月の大型連休最後の週末。

この週末を利用してショートフィルムにトライしてみようなんて思っている人にオススメな、これさえ心得ておけば、なんとなくイイ感じの映像が撮れちゃうっていうWally woodの22のテクニックをご紹介したいと思います。

 

伝授しましょう。あなたのショートムービーの完成度がグっと良くなる22の秘訣 1

       

1)フレーム一杯の顔の大写し

2)パーツの超アップ

3)後頭部の一部と、後頭部越しの顔のアップ

4)背景無しの横顔

5)陰影 前景が暗くなる

6)何もオブジェクトが無いシーンで始まり、車が横切り、また何もないシーン。

7)全体的に黒

8)大きなオブジェクトを1つ(手、銃、電話など)

9)オブジェクトの全身のみのショット

10)リバース シルエット 黒か陰影

11)小さな人影

12)奥行き

13)ダウンショットと影

14)L字型のシルエット

15)目の高さの構図

16)サイド又は、トップからのライト

17)反射

18)窓などの枠

19)白い背景に手前がシルエット

20)1つのシーンに三段階の動き

21)くるくる回る新聞

22)コントラスト

けっこう、いろんな映画やアメコミで観たことある構図が登場してますよね。ちなみに、僕は絵を描いたり、文章を書くのに10代を費やしていました。Kirby、Steranko、Bernet、Eisnerも好きでしたけど、Woodは僕の最もお気に入りの一人。彼らの作品は、この22のシンプルな公式を使いながら、現在活躍する多くのアーティストや映画監督に影響を及ぼしているんです。

慣れるまでは、とっさにどのシーンにどのテクニックを使うか判断するのが難しいかもですけど、誰でも簡単に取り入れて使う事のできるテクニックだと思うので、お試しあれです!

-Jesus Diaz(原文/junjun )