アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり)

アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり) 1

まずはしっかりとファーストインプレッションで見定めよう!

わりと当たっていた大予想もあれば、大ハズレしてしまった憶測もあったわけですが、ところで皆さまは本日のアップルの発表でリリースされる数々の新製品を買いに走られますか? いきなり予約がスタートしたモデルなんかもあるので、ちょっと急いで詳細をチェックして、本当に買うべきかどうかを見定めたいんだよねってギズ読者の皆さまへ、カリフォルニアの発表会場で実際に製品を手にした各メディアからの速攻レビューの特集をお届けいたしましょう。ここは財布のヒモを緩めるべきなのか、果たして皆さまの判断やいかに?

 

アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり) 2

トップバッターにやって参りましたのは、非常に大きな進化を遂げたiPod touchですよ。8GBモデルならば、お得に229ドルと2万円台前半から入手可能とあっては、速攻ダッシュしてでも買わねば...と、もう居ても立ってもいられなくなってしまった方もおられるのではないでしょうか。

まずは最初にEngadgetの動画からチェックしてまいりましょう。

ここ最近はiPhone 4をイジリっぱなしだったという方であれば、最初に抱く感想は「とにかくiPod touchは薄くていいよな」っていう好印象ではないでしょうか。残念ながら、3G通信機能を搭載した新モデルの発表は見送られてしまったものの、おかげでiPhone 4よりもスリムなデザインは健在ですよ。それでいて、美しくなったRetinaディスプレイ、A4プロセッサへのパワーアップ、前面と背面へのデュアルカメラ搭載まで成し遂げてきたことを考えますと、ちょっとiPhone 4は図太すぎるんじゃないって声まで聞こえてきそうですね...

アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり) 3

Ars Technicaが絶賛しているのは、iPod touchでも、iPhone 4のキラー機能としてデビューした「FaceTime」ビデオ通話への対応を果たしてきた点ですよ。電話番号がなくっても、メールアドレスベースでFaceTimeをサポートしていますね。新たにiPod touchとしては初めて搭載されたカメラでは、背面と前面のどちらのカメラでも動画と静止画の両方が撮影可能です。iPod touchで720pの動画を撮れるようになったのはうれしいですよね。

むむむ、もはやiPod touchはケータイ機能のないiPhone 4として最強のバージョンアップに成功したのか? そんなベタ誉め状態ではありますけど、抑えておくべき死角となりそうなポイントだってあります。Wiredのファーストインプレッションレポートをご紹介しておきますね。

iPod touchの新モデルにデュアルカメラが搭載されるようになったことは大いに評価できるものの、そのカメラにはiPhone 4と全く同じものが搭載されたのではないことを覚えておかねばならない。たとえば、アップルが公開した製品仕様のページを見てみると、iPod touchの背面カメラの解像度は960×720ピクセルで、要は1メガピクセルレベルに過ぎない。これはiPhone 4の背面カメラが5メガピクセルであることと比較して、非常に大きなギャップである。iPod touchは両方のカメラがVGAの解像度で静止画を撮れるレベルにとどまることを銘記しておかねばならない。

なるほど。iOS 4.1から超美しくナチュラルなハイダイナミックレンジのHDR撮影機能が加わりますけど、iPod touchのカメラとiPhone 4のカメラは大違いだってことを覚えておかないといけないってことですよね。ちなみに理由ははっきりとしませんし、あくまでも今回の速攻レビューでのみ確認された点ですけど、なぜかiPod touchのFaceTimeは、iPhone 4のFaceTimeよりも高速快適な使用感でもあったようですよ。やっぱりiPhone 4よりは格段に安いわけだから、かなり買いなのかもしれませんね~

アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり) 4

お次はホイールをなくしてスモールサイズになったiPod nanoに注目してみましょう。なんか発表当初は、えっ、もしや...という気になる噂も流れたんですよね。

まずはファーストインプレッションにふさわしいBoing Boingの速攻レビューですけど、とにかく小さくキュートなデザインになったことを大絶賛です。もっともイメージしやすい例えとして、いつもパソコンで叩いているキーボードのキー4個分を正方形に並べたよりも小さいかもしれないって表現が出ていますよ。うっかり飲み込んじゃわないようにねって注意書きまでしてあります...

Engadgetには、かなり小さく薄く軽くなっているため、マルチタッチ対応のスクリーン操作に慣れるまでは時間がかかるって指摘も出ていますけど、いざコツをつかめたら、この小ささでも快適に使いこなせるように工夫されてもいるみたいですよ。さすがにこのスクリーンサイズなので、写真をピンチ操作で拡大表示するのではなく、ダブルタップでズームになるようですね。時計のアプリがついているのもうれしいポイントでしょうか。スピーカーがないのでアラーム機能の搭載は見送られたそうですがね。

アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり) 5

さてさて、こちらがiPod nanoのユーザーインターフェースのコレクション画像ですけど、あれれれれって思っちゃった方はおられませんか?

しばらくiPod nanoを触ってみて、これはiPhoneと非常に似通ったインターフェースになっていると驚くに違いない。たとえば、アプリのアイコンをしばらくホールドしてタッチしていると、あのiPhoneでおなじみのアイコンが長押しすると震えだす状態になり、自由に移動してレイアウトを変更可能だ。

もしやこの新しいiPod nanoにはiOSが搭載されているのではないだろうか? その疑問を期待して抱くことになるだろう。もしそうであれば、iPod nanoをJailbreak(脱獄)して、次々と好みのアプリを入れていくなんて夢のような使い方ができるかもしれない。

そうWiredはファーストインプレッションで綴ってくれていますよ。おぉ、これが本当ならば、かなりiPod nanoを面白く使い倒せるんじゃないでしょうか! だって、iPhoneやiPod touchの4分の1サイズでiOSが走るデバイスの初登場ですよ...

ただ、残念ながら、まだ喜ぶのは早かったようです。Ars Technicaからは、こんな速攻レビューが届いていますね。

はっきりとアップルの広報担当者に尋ねてみたのだが、iPod nanoのOSは、まるでiOSのように見えるデザインに仕上がってはいるものの、iOSが搭載されているわけではないことが判明した。したがって、iOSで動作する各種アプリをiPod nanoに同期してインストールするといったことは不可能である。

う~む。これがiOSを動かせるiPod nanoだったら、さらに絶対に買わねば指数がアップしたんだけどなぁ。ただ、アルミボディーのデザインに一体化したクリップもいい感じですし、カメラなしでもiPod nanoは十分に惹かれるモデルだって評価の人も多くなりそうですよ。

アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり) 6

さて、お次は懐かしのボタンが復活したiPod shuffleの速攻レビューでございます。...といきたいところだったのですが、今回の一連の発表の中では、もっとも地味でベーシックな新製品でもあるので、ちょっとまだ大したファーストインプレッションレポートも出ていないようでした。Engadgetが端的にまとめていますように、この小ささでクリックホイールを搭載してきたのは素晴らしいが、とりわけそれ以上に特筆すべきポイントはないとの評価に尽きるのかもしれません。まぁ、この5000円を切る49ドルという安さは最強でしょうけどね~

アップルの本日の新発表モデルは買いなのか? 怒涛の4製品を速攻レビュー!(動画あり) 7

最後になりましたが、日本での当初の発売は見送られているのが残念でなりませんけど、これまた小さく進化したApple TVを取り上げておくことにいたしましょう。

今回のデモンストレーションの通りであるならば、人々のApple TVへの評価は非常に高いものになるだろう。ストリーミングのスピードは十分に速いし映像もクリアーで美しい。各種操作のインターフェースの速度も満足できるものだ。アップルは、このスピード感ある仕上がりのクオリティーと帯域のバランスを取るためには、(1080pのフルHDではなく)720pの選択肢にせざるを得なかったと述べているが、これならば不満は出ないかもしれない。

そうEngadgetの速攻レビューは伝えていますね。Wiredのファーストインプレッションでも、映画やテレビ番組のレンタル購入および視聴は快適でスピーディーだと高評価のようです。インターネット接続機能も統合されているので、Flickrで音楽を流しながら写真のスライドショーを見るのも手軽でよいと紹介されていますよ。アルミボディーのリモコンもカッコいいと合格点をもらえていますね。

ちなみにBoing Boingは、iPod nanoと同様に、もしやこの新Apple TVにもiOSが搭載されているのではって期待を一瞬ふと抱いたようなんですけど、アップルの広報担当者に完全否定されたことを伝えてくれています。iOSを搭載する「iTV」の夢は打ち砕かれちゃったようですね。あと、今回の新モデルで残念なポイントといたしましては、レンタルストリーミングの全面採用により、ストレージ容量の心配なんかがなくなり、魅力のスモールサイズを実現できてはいるものの、やっぱりお気に入りの作品はコレクションとしてローカルに保存しておきたいっていうユーザーの根強い希望があるでしょうから、そのあたりのバランスの取り方が問題になってくると指摘されていますよ。

ところで、大胆にローカル保存を廃した新モデルの登場で、これまでApple TVでコンテンツを購入ダウンロードして使い続けてきた既存のユーザーはどうなってしまうのでしょうか? 以下はArs Technicaによる詳細レポートでございます。

以前までのApple TVを用いているユーザー向けに、新たなソフトウェアアップデートが提供される予定はないことを、アップルの広報担当者に確認することができた。旧モデルは新機能への対応が今後もないという意味になる。しかしながら、今後も旧モデルを何の問題もなく使用し続けることが可能であり、コンテンツのダウンロード販売も継続される。

そうでしたか。アップデートで新Apple TVへと自動アップグレードなんて夢は永遠にかなわないみたいですね。ただし、自分は1度限りのストリーミングレンタルではなくって、何度もじっくりとコンテンツをローカルへダウンロード保存しておいて繰り返し視聴したいんだよねって方には、旧モデルのApple TVを急いで入手しておくこともお勧めかもしれませんかね。

アップルからの新製品の発売ラッシュ...皆さまは何を買うのか決められましたか? 早速購入しちゃったよって方からのレビューコメントもお待ちしておりますので、どうぞドシドシと書き込んじゃってくださいね!

Jesus Diaz(原文/湯木進悟)