セグウェイのイケてる改造ベスト5

セグウェイのイケてる改造ベスト5 1

みんな、元気だそうよ。

セグウェイ社オーナーのジミ・ヘゼルデン(Jimi Heselden)さんがセグウェイを運転中に亡くなったという訃報が世界を駆け巡りました。追悼の気持ちを込めて、セグウェイの素敵な改造法を写真入りでご紹介。

1. 外見チューン

セグウェイのイケてる改造ベスト5 2

まずは外観から。カラーリングを工夫するだけで全然雰囲気変わってきますよ。これなんてカーボンの外装にランボルギーニと同じ塗装、さらにはランボルギーニバッジ、メッキホイールのリム装着でまさにランボルギーニ。目立ちたがりのセグウェイユーザーにオススメの改造法です。日本なら痛くするのがいいかな?

2. エンターテインメント最大化チューン

セグウェイにAVエンタテインメントシステムを搭載した改造法。これからの季節、河原でバーベキューが楽しいですが、ラジカセなんてもう古い! これからは音に映像まで楽しめます。DVDBlu-rayで総合エンタテインメントですし、CM流しながら街をいけば広告効果もありそうです。あ、日本では公道走れないんでしたね。

3. 最高速チューン

セグウェイのイケてる改造ベスト5 3

ノーマルのセグウェイは万人向けに速度が制限されていますが、人によってはイライラするほどゆっくりChristoさんはそんなゆっくりなセグウェイを改造して最高速チャレンジするセグウェイ・スピードスター。超大径36インチホイールを装着、理論的には時速24マイル(約38km/h)でますが、実際には時速約20マイル(32km/h)を記録しました。まだまだ伸びシロがあるので頑張ってほしいですね。

4. 安全第一チューン

セグウェイはジャイロを使って安定化させるのが特徴的ですが、やはり限界があり設計以上の急激な外乱があった場合は対応しきれないです。そこで、タイヤをたくさんつけて安定させようってのがこの改造。6つのタイヤ追加装着してみたものですが、うーん、効果があるとは思えませんね。とはいえ「安全第一」ってのは大事なことです。

5. 救護活動チューン

セグウェイのイケてる改造ベスト5 4

救急救命士には助かるかも。重い荷物を運べるよう補強して、救急機材などを装備したセグウェイです。狭い路地裏の現場にいち早く駆けつけます。これが量産化されると、救急の現場で見かけるようになるかもしれませんね。

Sam Biddle(原文/野間恒毅)