アンティークだけどAPS-Cセンサー搭載のデジカメ「FinePix X100」

    アンティークだけどAPS-Cセンサー搭載のデジカメ「FinePix X100」 1

    富士フイルムが本気を出してきました!

    見ただけで物欲が抑えられなくなる、フトコロと銀行口座に危険過ぎる「FinePix X100」が発表されました。クラシカルでビンテージでアンティークなルックスですが、2011年発売予定の超最新モデルです。決して昭和時代のフィルムカメラではありません。

    そしてカタチだけでもありません。マグネシウム合金のボディフレームに積まれるAPS-Cサイズのセンサーは1230万画素のCMOS。レンズは23mm(フィルムカメラ全盛時には準標準と言われていた実質35mm相当)で開放F2単焦点。ゾクゾクきますね。

    アナログライクな仕掛けもたまりません。レンズ左上にあるのはゼンマイ式のセルフシャッターでしょうか。シャッターボタンのネジ穴は、押し込み式のケーブルレリーズが使えるというわけでしょうし、シャッタースピードと露出補正がそれぞれダイアルで決められるのもGOOD。それに光学ファインダーとEVFを切り替えて使えるHybrid Viewfinderや絞りはレンズ外周のリングを回して決めるなど、開発者のこだわりようにビンビンきます。

    画像エンジンは「EXR Processor」。高解像度でワイドダイナミックレンジで高感度・低ノイズなEXR系の最新画像エンジンとなるようですが、FinePix F300EXRで採用された位相差AFも積んでくるでしょうね。型番から想像するに、ハイエンドを担うモデルとなりそうですし。

    100920-f1_R100920-f2_R100920-f3_R

    鬼が笑いそうですけど来年の実機リリースが楽しみ! この形のまま生まれて欲しいですね!

    FinePix X100[FUJIFILM]

    (武者良太)