iOS 4.1で可能になった「HDR」とは?

iOS 4.1で可能になった「HDR」とは? 1

昨日発表されたiOS 4.1に搭載されるHDR撮影機能。いまいちよく分かっていないかたも多いと思いますので、簡単に解説したいと思います!

あくまで写真です

HDRとは「ハイダイナミックレンジ」のこと。ここでいう「レンジ(範囲)」は、写真の一番明るい部分と一番くらい部分までの範囲をいいます。このレンジを操作して見た目に近い写真を作り出そうっていうのがこの技術のことです。

数枚の写真から作られる

HDR写真は、違う露出で撮影された数枚の写真を元に合成されます。通常は、露出オーバーのもの、露出アンダーなものを合成し、より幅広いダイナミックレンジを引き出します。iPhone/iPod touchでのHDR写真は、このように数枚の写真を連射し合成する方法だそう。ソフトウェア処理によるHDRではないんですね。

見た目はほんとすごい

HDR写真って作り物じゃんって意見もありますが、広告写真なんかでも使われてたりするれっきとした写真技法。現在でも、HipstamaticやCamera+といったiPhoneアプリを使えばHDR写真は可能ですが、元からHDRに対応しているってのはiPhoneの新たな魅力になるでしょう。

以上、簡単にHDRってものを紹介しましたが、百聞は一見にしかず。下記のリンクからいろいろなHDR写真がご覧になれますので、是非ともチェックしてみてください。

お台場ガンダムをCG風に撮影した写真

iPhoneの写真でもこれほどのHDR作品が作れます

東京というかもはやトキオ

参考:ハイダイナミックレンジ合成

Kyle VanHemert(原文/遠藤充)