早速ですがiOS 4.1のHDR撮影を使い倒してみました!(フォトギャラリーあり)

早速ですがiOS 4.1のHDR撮影を使い倒してみました!(フォトギャラリーあり) 1

メチャメチャいいですけど、まだ少し課題も...

iOS 4.1には「ハイダイナミックレンジ」なるHDR撮影機能が搭載されますが、すでにディベロッパー向けにゴールドマスター版が配布されているのを使い倒してみましたよ。たとえば、上の右側の写真が連写合成して完成したHDR写真なのですが、ここまで自動でできちゃうのはいいですよね。

HDR技術の最大のウリは、できるだけ人間の見た目に近い写真を作り出せるというポイントにありますけど、iPhone 4のカメラでホワイトバランスの問題が生じやすいだなんて欠点は過去のものとなりそうです。大抵の場合、HDR写真のほうが通常よりも明るく鮮やかな仕上がりになってきますよ。

それでは、さまざまなシーンで比較撮影したフォトギャラリーをご覧くださいませ。

800x600_2img_0007800x600_2img_0009800x600_2img_0011800x600_2img_0013800x600_2img_0015800x600_2img_0017800x600_2img_0019800x600_2img_0021800x600_2img_0023800x600_2img_0025800x600_2img_0027800x600_2img_0035100528_DSC_6797

まぁ、ほとんどのケースで新機能のHDR写真のほうが、より美しい仕上がりとなりはしましたけど、時々、これまでのように普通の露出で撮影した写真のほうがよっぽどキレイだね...なんて結果もありました。ぜひiOS 4.1の設定では、両方の写真が保存されるようにしておくことをお勧めしますよ~

Rosa Golijan(原文/湯木進悟)