新章突入! iOS 4.2で生まれ変わるiPadを速攻レビュー(動画あり)

100921ipad1.jpg

まるで新モデルを手にしてしまったかのよう...

すでにアップルから開発者向けに「iOS 4.2」ベータ版および「iOS SDK 4.2」ベータ版がリリースされていますけど、iPhoneで利用可能になる数々の新機能も魅力ですが、やっぱり最大のポイントは、ついにiPadのOSもアップデートに対応してくることでしょうね。

実はこの待ちに待ったiPadでのiOS 4.2の使用感が大好評のようですよ。もう今までのiPadには決して戻れなくなっちゃいますし、ぜひとも最初からiPadはこうしておいてほしかったと、思わず溜め息が漏れちゃうことも間違いなしでしょう!

そこで早速ですが、米GIZMODO編集チームにおきまして、iOS 4.2のベータ版をインストールして超パワーアップしたiPadを速攻レビューしてみましたので、どうぞご覧くださいませ。

 

100921ipad2.jpg

まずは最大の魅力でもあるiPadのマルチタスク対応からご紹介することにいたしましょう。すでにiPhoneやiPod touchで「iOS 4.1」を使ってこられたユーザーの皆さまにとってはお馴染みの機能なんですけど、これがiPadでも標準で使えるようになったところがうれしいですよね。

ホームボタンをダブルタップすることで現われるタスクバーは、やっぱりiPadだとiPhoneよりも大画面ですから、特に違いのないユーザーインターフェース(UI)なのに、どことなく新しく、より使いやすい気がしますよ。選択したアプリへと画面がスイッチしていくアニメーション効果もいい感じですね。

今回のiOS 4.2へのアップデートでiPadが大きく変化を遂げるポイントの1つに、ハードウェアとしてのスクリーン回転ロックボタンの廃止が挙げられますよ。タスクバーをスワイプすると、iPodのコントロールパネルの隣りにスクリーンの回転をロックするパネルが登場しています。一方、これまでのハードウェアボタンは、iPhoneと同様の消音機能を起動するミュートスイッチに変更されちゃったんですよね。これはユーザーによって賛否両論いろいろあるかもしれません...

さらに、同じくタスクバーをスワイプして表示される新たなUIといたしましては、スクリーンの明るさを調節できるスライダーが追加されていますよ。もっと手軽にアプリ画面によって輝度の調整をしたいんだけどってリクエストも多かったそうで、いちいち設定画面から入っていく必要がなくなり、手間が省けるのは大歓迎ってユーザーもいるでしょうね。

100921ipad3.jpg

ただし、このマルチタスク機能ですけど、まだ現段階ではサポートされていないアプリもいろいろあるというのが残念なところでしょうかね。Netflixで映画を観賞しながら、他のアプリへもスムーズに切り替えつつ...なんて使い方はできないようでした。とはいえ、そもそもiPadには256MBのメモリーしか搭載されてないので、このRAMではマルチタスクは厳しいだろうなってアプリも存在するのは事実ですし、ここはある程度の制限は我慢しないとダメなのかもしれませんよね~

100921ipad4.jpg

続きまして、これまた多くのiPadユーザーに待望のフォルダー機能も、iOS 4.2へのアップデートで実現するようになっていますよ。そもそもこれこそ大画面のiPadならではの強みを十分に発揮可能な機能でして、たくさんフォルダーの中に入っている各種アプリも一目瞭然なのがうれしいですよね。この機能1つを取り上げても、やはり一度このiOS 4.2で可能になる新機能を試したら、もう今までの環境のiPadには二度と戻れなくなってしまいそうですよ。

100921ipad5.jpg

一方、こちらは複数のメールアカウントを統合できる新受信箱の機能ですよ。iPhoneユーザーからも好評価を集めていましたけど、1画面でチェックできる情報量が格段に増すiPadでは、これぞ待ってましたってアップデートですよね。実際に使ってみると、想像以上の快適さを実感できちゃうのではないでしょうか。

100921ipad6.jpg

こちらはiPadのみならず、iPhoneやiPod touchでも重宝しそうな機能ですけど、iOS 4.2ではワイヤレスLAN経由で画面上から一発印刷を指定可能な「AirPrint」がやって来ますよ。写真のプリントなんて、より手軽に行なえるようになるんでしょうね。

ただ、あくまでも今回のファーストインプレッションテストの結果に過ぎませんが、まだどうやらプリンターの検索認識にはバグなんかも多いみたいで、どういうわけかMacにつながっているネットワークプリンターの共有だとスムーズなワイヤレス印刷ができましたけど、なかなか他の無線LAN環境のプリンターだと認識してくれず、結局は印刷までたどり着かないなんてトラブルも多々ありましたね...

100921ipad7.jpg

さてさて、iOS 4.2では、Safariのブラウザーにページ内検索機能が加わりましたよ。これまで検索用語を打ち込んでいた検索バーに調べたい単語をタイプすると、通常のGoogleなどの検索候補リストが並んだ下には、その指定したキーワードやフレーズを表示ウェブページ上でハイライトしてくれるオプションが出るようになっています。あまりにも自然なUIで出てくるので、えっ、これって今までもなかったっけ...というリアクションを返してしまいましたが、あると確かに便利な機能ではありますよね。

100921ipad8.jpg

あまりプレイを極める時間がなかったので、まだなんとも評価し難いポイントではありますけど、iPadで遊ぶ「Game Center」機能はとっても楽しそうですよ。広い画面サイズなのでナビゲーション感覚がiPhoneやiPod touch上よりも秀逸で、なんだか今後のiOS向けゲームのさらなる発展の可能性すら予感させるものですね~

100921ipad9.jpg

最後はマイナーなアップデートポイントではありますけど、標準のメモアプリのフォントが、ついに自由にチョイス可能となりましたよ。「Chalkboard」「Helvetica」「Marker Felt」の3種類から選択できます。これが意外と待ち望まれていたポイントだったりもするんですよね。日本語環境では、どんなフォントが選べるようになるのかな?

いろいろとファーストインプレッションで試してきましたが、まだまだストリーミングでの音楽再生機能の「AirPlay」ですとか、未チェックのポイントも残っています。取りあえず、動画でも使用感をキャッチしてみたいなって人のためには、以下からどうぞ!

いかがでしたか? まだ11月に予定されている正式リリースまでには時間があり、現段階では最初のベータ版ということもあって、かなりバグもいっぱいでしたね。ただ、初期ベータリリースにしては、非常に完成度が高いよなって感想も各所で届いているみたいですよ。

とてもじゃないけどiPadはコンピューターの代わりには使えないよねぇって評価が現在は大勢を占めていますが、もしかすると、このiOS 4.2へのアップデートを遂げた後は、またその評価もどんどんと変わってくるのかもしれません。ますますネットブックやノートPCなんてわざわざ触れなくてもいいやというシーンが増えてくるのかもね...

これはもう本当に正式なリリースが待ち遠しいなぁ!

matt buchanan(原文/湯木進悟)