今度はレンズの色も選べる! ペンタックスが新エントリーデジタル一眼「K-r」発売

    今度はレンズの色も選べる! ペンタックスが新エントリーデジタル一眼「K-r」発売 1

    今度はレンズの色も選べちゃうそうです。

    ペンタックスが発表したデジタル一眼レフカメラ「K-r」。標準のボディカラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色ですが、前モデルにあたる「K-x」と同じようにボディとグリップのカラーリングを選べる「オーダーカラー受注サービス」にも対応しています。今回は12色のボディと10色のグリップのバリエーションで、合計120パターンが選べます。

    また、11月に発売される単焦点レンズ「DA35mmF2.4AL」も12色のボディカラーが選択可能。K-rとこのレンズの組み合わせならば、カラーバリエーションはさらに増えますね。

    カラフルなことばかりに目が行きがちですが、スペックも充実していますよ。撮像素子はAPS-Cサイズの1240万画素CMOSを採用。K-xよりも高速な読み出しが可能になっています。また、スーパーインポーズが採用され撮影しやすくなっています。連写は秒6コマ。最高シャッター速度は1/6000秒です。

    面白いのは、赤外線通信機能。K-rをはじめとした対応機器に直接画像を転送できるほか、K-r同士でExif情報を使ったゲーム「フォトチャレンジャー」を楽しめるということです。デジタル一眼レフでゲーム!! なんという斬新な...。1280×720ピクセルで25fpsの動画撮影にも対応しています。ファイル形式はMotion JPEGです。

    通常のボディカラーは店頭で発売。今回は標準レンズも3色用意されてカラーが統一されています。オーダーカラー受注サービスは発注後2週間ほどでお手元に届くとのこと。カラーシミュレーションサイトがあるので、そこでいろいろ試してみましょう。

    実勢価格はボディ単体が7万5000円前後、標準ズームレンズキットが8万円前後、Wズームレンズキットが10万円前後です。

    発売は10月中旬。今からカラーリングをあれこれ試していれば、あっという間に発売日ですよ!?

    ニュースリリース(k-r)DA35mmF2.4ALPENTAX K-rカラーシミュレーター

    (三浦一紀)