まさに100変化 バインダークリップ万歳!

まさに100変化 バインダークリップ万歳! 1

好きな文房具は? と聞かれてバインダークリップ(ターンクリップ)って答える人は少なくないと思うのです。

バインダークリップは約100年前にその特許がとられ、それからずっと紙にいちいち穴をあけて紐通してまとめるという苦痛を全人類から取り除いてきてくれました。そんなバインダークリップは家でオフィスでDIYのお道具箱の中できっと一目置かれる存在なはず!

【バインダークリップの歴史】

まさに100変化 バインダークリップ万歳! 2

バインダークリップは1枚のしなやかな鋼に2本のワイヤーを引っ掛けてできています。ワイヤーをつまむことで鋼部分をいとも簡単に開き紙を挟むことができます。しかも挟む厚さもかなり幅広く、薄くても厚くてもうまいことフィットしてくれます。挟んだあとは、ワイヤー部分を下にバチンと、もしくは取り外してしまうことも可能。

それまでのペーパークリップと違い、バインダークリップは比較的多くの量を1度に簡単にとめることができます。ホッチキスやパンチと違って、バインダークリップは挟む対象そのものに一切傷をつけません。

バインダークリップは約100年前に発明されてからずっと、どうやら大きなデザインチェンジもないまま今に至っているようです。登場時から、それほどシンプルで実に機能的な製品であってということでしょうね。現在では、多種多様なサイズに色が見られます。

【紙世界以外での活躍】

バインダークリップの活躍は紙を上手い事挟むだけにはとどまりませんでした。そのあまりにシンプルで使い勝手がいいことから、より広い世界で求められていくバインダークリップ。そして多くの人から好かれ一目置かれる存在に。とにかく便利!

■ケーブルキャッチャーとしても仕事をこなすバインダークリップ

磁石と組み合わせて使えばいっそうスッキリ使えます!

まさに100変化 バインダークリップ万歳! 3

■クラシックPDAの一面を見せるバインダークリップ

メモをぱぱっとまとめれば、昔ながらの携帯情報端末に!

まさに100変化 バインダークリップ万歳! 4

■スマートフォンの世界にもその活躍を広げるバインダークリップ

大きさ違いのバインダークリップを組み合わせることでその用途はこれまた無限大に!

まさに100変化 バインダークリップ万歳! 5

さらに、洗面所やファッション界へ、その活躍の場はまさにとどまるところをしりません。ライフハッカー[日本版]でもバインダークリップの素晴らしさを証明する記事があがってますよ! 合わせてどうぞ。

シンプルな構造なものほど、その活躍は使う人によって無限に広がっていくのですね。ガジェットの神髄を見た気がします!

[米lifehacker記事より]

Adam Pash(原文/そうこ)

 

※ご指摘ありがとうございます! 記事修正しました。