アイディアってお高いんでしょ?

説明してもらいましょう!

Intellecutual Venturesの創設者のNathan Myhvold氏が説明してます。いたってシンプルで納得のいく回答です。

多くのアイディアは失敗します。ほとんどのアイディアは失敗すると言ってもいいでしょう。

これから言えることは、成功した時、その成功によって得たお金で失敗分をカバーしなくてはならないということです。じゃなかったら、大変なことになっちゃいますよ。

人はたまに「そのアイディアは思いつくのそんなに大変じゃなかっただろ? ちょっと値がはりすぎじゃないか?」と言います。ですが、ここで求めている金額というのは、その1つのアイディアだけの額ではないのです。

発明するというのは実にお金がかかるものです。故に我々は莫大な額を発明のためのアイディアに投資し、そのほとんどはうまくいかないのです。何度も試行錯誤を重ね賭けにでてみること、何千回も。そうすると、そのうちのいくつかは実際に形になり、さらにほんの少数が成功し、他の(失敗した)アイディアをカバーして意味のあるものにするのです。

なるほど。

[Eureka on Gizmodo]

matt buchanan(原文/そうこ)