やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド!

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 1

上海万博のイメージといえば...

変なにおいのする4時間の行列に並び、子供は行列の最中におしっこもらし、足は痛くなり、日差しに体力は奪われれ、中国人のマナーは悪い...。

行ったら絶対後悔するからやめておけって? いやいやそんな事ありません! 上海万博に行かずに2010年を終わるなんて、絶対後悔しちゃう! 

今年の夏に実際に上海万博に行ってきた体験談と一緒に、上海万博の必勝ガイドを紹介していきましょう。夏は終わりそうだけど、まだ万博は約2カ月開催しているし段々涼しくなってきました。間違いなくこれからのシーズンが行き時です! 

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 2
雨の日の方が待ち時間が少ないと思ったら大間違い、中国人も同じように考えています。

(1)上海での過ごし方

まず、2つの質問です。

・あなたは50歳以上、70歳未満ですか?

・あなたは上海に行った事がありますか? そして観光はしましたか?

もしどちらかの質問が「はい」だったら、上海行きのチケットの予約を考え直した方が良いかもしれません。

前提として第一に上海万博は世界規模のイベントですが、中国人以外の外国人向けには開催されているものではありません。

外国人観光客は少数派(日に50万人の中国人が訪れ、70以上の車椅子が優先列に並ぶ)です。長い列に並び、長い距離を歩き、天候には恵まれず、マナーの悪さが目につきます。さらに、子供を一日中立たせ歩かせ、座れる場所はほとんど無く、トイレは和式、挙句椅子に座るための行列は異常な長さです。

ですので50歳以上の外国人は、少なくても上海万博に行く時間を2日間にし、それぞれ半日ずつ確保したほうが良いでしょう。特に日が落ちて涼しくなり、行列が昼に比べて短くなってくる夕方以降に行くことをおススメします。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 3
午前9時の入場ゲートの様子

そして第二に、万博のためだけに上海を訪れないことです。

上海はダイナミックでモダンで、国際的で、まさに「未来」を思わせる都市です。上海に来たならば万博だけではなく、南京東路などの繁華街にも訪れるべきです! 

上海万博は1日で飽きるかもしれませんが、他にも上海新天地や、浦東新区、杭州、蘇州など見所はたくさんです。何度か訪れていて周辺の観光地に行ったことがあるという人なら、上海といえばショッピング! 買い物をしまくるのもアリですね。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 4
毛沢東の像。上海の代表的な通りです。

(2)準備

さて上海万博に行くことを決めたら、何を準備したらよいでしょう?

出来る限り効率的に万博を見てまわるために、パビリオンの調査、チケットの予約、友人に聞いてみる、自分がみたいパビリオンのリストをつくっておく...などの準備は怠らないようにするのは当然として、でも、一番必要なのは「心の準備」です。

HBO:The Pacificというシリーズの一節に「この場所を生き抜くためには、自分は中国人である、と思うことだ」という言葉があります。

なぜなら上海万博は中国による中国人のためのもの(そして中国人は他の国の様子なんて知る由もない)であるので、西洋的な考え方を基準としてはいけないのです。そのままの考えていくと、まずエントランスから価値観を覆されることになります。

普通、ディズニーランドののエントランスで、5時間も待たされると知ったら大抵の人は怒りますよね。でも中国の地元の人は5時間の行列なんてどうってことないのです。

なぜなら「今まで生きてきた文化大革命、洪水、配給、食糧不足に比べれば、5時間の行列などとるに足らないこと」って考えるのですから。そして押したり割り込んだり動いたり、つばを吐いたり、小便をしたり、悪臭を放ったりする。でも、これが中国であると思って慣れるしかありません

そして、中国人はアメリカ人よりも精神的にも体力的にもタフです。

あまりにひどい行列の光景に文句を言いたくなりますが、自分自身に問いかけてみてください。「隣の人は文句を言っていないでしょ?」彼らの我慢強さを見習い、そしてそれに適応する事を学ぶことが一番大切なのです。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 5

(3)おすすめのパビリオン

上海万博に行ったら絶対見ておくべきなパビリオンってどれでしょう。

この言葉は過去半年のGoogleの人気検索ワードです。200以上のパビリオンがありますが、長時間の行列のおかげで滞在時間にも限りがある中、可能な限り時間を無駄にしないで見て回るにはどうすれば良いでしょう? それにはまず、こう考えてみると良いと思います。「もし世界で今すぐ行ける場所があったとしたらどこに行くか?

すでにフランスに行ったことがあるなら、行列に1時間も並んでまでフランス館を見ることはないと思います。(とは言いつつ、フランス館はすごく綺麗でしたが)

またこう考えてみましょう。「自分の人生を通して絶対行かないだろうという国はどこだろうか?」自分だったら中東の国のならずもの国家には絶対行かないし行けないだろうな...といった具合にです。

万博の醍醐味は、絶対行かない・行けないような国にだって訪れる事ができるという疑似体験ができることです。(例えばスーダンのダルフールだって行ける!)

北朝鮮、ミャンマー、キューバといった国は、万博という場所においては外国人にもとってもフレンドリー。つまり万博は、唯一の絶対に行けないような国にも行けちゃうチャンスと言っても過言ではありません。

また、ネット上には有力な情報がたくさん載っています。

Wikipediaの万博のパビリオンの項目(英語)はとてもためになります。またChinaclties guide(英語)、ほとんどの訪問者が見たことがあるスタンダードな情報サイトですが、最新の万博情報が常に更新されています。その他、いろんなブログやコメントでも役に立つアドバイス情報を見つけることができるはずです。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 6
フランス館の行列は2時間でした

裕福な国 = 大きいパビリオン = 長い行列

中国やサウジアラビア、日本、韓国、フランス、ドイツ等々の国は、人気のアトラクションが盛りだくさんで非常に人気があり、平均2時間~5時間の行列に並ぶ覚悟が必要です。なので人気パビリオンは、夕方に行くか、もしくは1日に1つまでしか見ないと決めることをオススメします(多分それを見るためだけに1日の大半を行列で過ごすことになります)。

私はサウジアラビアのパビリオンだけ見ることにしました。

山東省から来た人は、「一般論」として、中国館とサウジアラビア館がベスト・パビリオンだと教えてくれました。「中国館はきっと壊される事なくずっと残ることを考えれば、サウジアラビア館を見ておくべきですよ。」とのこと。

私は4時間ほどサウジアラビア館の行列に並び、たった10分強の展示を見ただけだったけど、とて素晴らしかったと思います。...でもやっぱり、10分の展示のために4時間の不快な行列に並ぶ価値はないとは思いましたが...。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 7
UKパビリオンを奥に休憩。出口にでるまでに4km歩かなくてはいけません

中国館は見るべき?

中国館は万博の中でも一番巨大で、中国22省(亜熱帯の広東省から新疆ウイグル自治区まで)、香港やマカオ、そして台湾などのそれぞれの独自の文化をひとつの建物の中に入れた、ものすごくスケールの大きいパピリオンです。

一方、中国館は非常に厳しく規制されているパビリオンでもあり、入るのにさらに特別な入場券が必要になります。日に5万枚のみ配布され、ざっくり1日の入場者数の10人に1人だけ手に入れられる、と言われています。中国館への入場券は朝9時にそれぞれのエントランスと上海市内の馬当路駅で配布されます。

無くなるのが早すぎて、私はこの入場券を手に入れることができませんでした。また入場券を手に入れるためだけに早朝に起きることもバカバカしく思っていました。それに、日に5万枚のチケットを公平に配布しているとも思えませんでした。というのも、大手のバスツアーや、万博関係者やビジネス関係者用に入場券を優先的に回しているのが実際のところだと思うからです。

中国語のブログを読んだ台湾の友人によると、毎日配布される中国館の入場券は万博のスタッフやボランティアによって買いだめされ、友人に渡しているらしいです。一方ではこんな話もあります。浙江省から来た人によると、川向こうのエントランス(人気パビリオンが少ない方)では、開場の1時間前に行っても入場券を手に入れる事ができたそうです。

とにかく、万博のシンボルとも言えるパビリオンを見ようとは思わない方が吉です。

きっと万博が終了し他のパビリオンが取り壊された後も、中国館はそのまま残っている可能性が高いと思います。ですので、2010年は無理でも2011年以降はゆっくり入ることができるはずなので今回は諦めましょう。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 8
中国館

一番の目玉は中堅国のフードショーとテーマパビリオン!

中国館や「ブランド国」のパビリオンの人の多さに絶望するかもしれません...、ですが、中には「宝石」とも言えるパビリオンがたくさんあるのです。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 9
中堅国の例のアイルランドのパビリオン。アイリッシュダンスを楽しめます

中堅国のパビリオンは大体10分~30分位の短い行列で、しかも興味深い展示を見ることができます。

私が面白いと思った3つのパビリオンは、インドネシアニュージーランドアルゼンチンのパビリオンです。インドネシアのパビリオンは、遺跡やサンゴ礁がずっと道に続くような展示でした。ニュージーランドは、動物やキウイの木や葉で作り上げられたルーフガーデンのインテリアの展示が素敵でした。(混雑しまくりの万博の中で、かなりリフレッシュできましたよ。)アルゼンチンの小さな箱みたいなパビリオンでは、キッチュなマラドーナとエヴァ・ペロンの思い出の品々が展示されていましたが、何より良かったのが18時以降のタンゴショーです。これはあまり知っている人は少ないんじゃないかと思いますが、とても楽しかったです。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 1018時のアルゼンチンパビリオン。ホットなタンゴショー!

さらに貧しい国々は自国の独自のパビリオンを建てられないので、同じ地域の国と共同で同じ建物内に展示をしているケースもあります。アフリカの連合パビリオンは、短い時間の中で、それらの国を知るのにはかなり良い機会だと思います。

そして時間を有効活用したければ、ショーに参加してみることです。

私が唯一見たショー「Window to the City」は独創的で印象的で、しかも15分〜20分しか並ばずにチケットを入手することができました。さらにメインのパフォーマンスとしては、16時〜19時の間に「オリエンタル・クラウン」の近くで行われる、中国がテーマのショーがあります。

全てのショーのチケットは無料で、座ったり居眠りしたりなど、万博巡りの中でも良い休憩時間になるのです。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 11
フランス館のレストラン

パビリオンの中のレストランで食事をする事もまた万博の楽しみです。パビリオン展示のメインの長い行列を脇目に、あまり並ぶことなくレストランに入る事ができます。(多分価格設定が高めだからだと思いますが)

しかも、食事はそれぞれの国から連れてきた本物の料理人なので美味しくないわけがありません。私たちはフランス館の屋上の「Papillon(蝶という意味)」で食事をしました。フランスのミネラルウォーター、フランスのフォアグラ、牛のヒレ肉、そしてアジアンデザートを美味しくいただきました。さらにリバービューかつ万博のスカイラインを臨む絶景。これだけ楽しんで36ドル。地元の客は全然並んでいませんでした。

それでもまだ、大きなパビリオンを見てみたいと思いますか?

それなら、万博会場の中心に近いテーマパビリオンをチェックしてみてください。この巨大な展示複合施設には5つの異なる展示ホールがあって、万博のテーマである都市型生活に関するものです。

私はそのうちの3つのホールを訪れました。「Urban Footprints」と「Urban Dwellers」と「Urban Living」です。どれもかなり巨大ですが待ち時間はせいぜい5分〜10分です。特に「Urban Dwellers」が面白かったです。ものすごく創造的で、視覚的にもびっくりするような仕掛けの部屋を通じて、6つの違う家族を比較しています。(明らかに中国の家族の展示が一番幸せに見えるようにプレゼンテーションされていましたが。)

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 12
この大きさでテーマパビリオンの1つの展示のうちの1室です

あと、もう一つ大事なこと!

万博パスポートを買うのを忘れないでください。

公式万博グッズストアで購入することができます。全部ではないですが、多くのパビリオンで国ごとの公式スタンプがあります。コレクターの方や、他には無いお土産として、万博パスポートを持ってできるだけたくさんのパビリオンでスタンプを集めるのも面白いと思います。

最後に

上海万博は一生に一度の経験です。なぜならおそらく万博に行った後は二度と行きたくないと思うからです。しかしながら10月を過ぎて、パビリオンがいざ壊されるとなると、万博に行かれた方は、世界規模で非日常な経験をできたことを嬉しく思うでしょう。

本当に最後に、上海万博への旅行は気持ちの準備が一番のポイントです。

もちろん皆さんの脚がどれぐらい頑張れるかについても、本気で考えておいたほうがいいでしょう。上海の街の散策、パフォーマンスセンターのショーを鑑賞、パビリオンレストランでの食事などが、パビリオンに何時間も並ばないといけない苦痛を和らげます。

長い行列に並んだ割にはあまり大した事がない多くのパビリオンにはがっかりさせられるかもしれません。素晴らしい中堅国のパビリオンを中心にプランを立てる事をオススメしますよ。

やっぱり絶対行くべき! 上海万博必勝ガイド! 13
サウジパビリオンの中。パビリオンの大きさに騙されないでください! 行列は中にも続いてます。

Stephen Hsia(原文/mayumine)