家具なんて置くから狭いんじゃ...を解決する究極のフローリングチェアー

家具なんて置くから狭いんじゃ...を解決する究極のフローリングチェアー 1

おまけに超エコなライフスタイルですよ~!

ニューヨークのDecker Yeadonがデザインした「OOoo Chair」は、室内を1cmたりとも占有しない究極の省スペース家具に仕上がっています。だって、フローリングの床にサークルホールを開けるだけの仕組みですからね。

家具なんて置くから狭いんじゃ...を解決する究極のフローリングチェアー 2

こんなふうに床下へと足を伸ばして座るようにすれば、もうサークルホールのセット数分だけ、何人でも足を突っ込んでは腰掛けられますよ。床下の階下にいる人からは、足先が丸見えって状態でもありますけどね。普段は元通りにサークルホールを塞げるので、思わず穴に落ち込んじゃうなんて悲劇も避けられるようになっていますが...

ちなみにDecker Yeadonは、遊び心でOOoo Chairをデザインしたのではなく、人が生きていく上で住まいとなる家を造るのは絶対不可欠でも、その中に置く家具までは不要で、インテリアとしての家具を取り去るならば、どれだけ節約&省スペース化が実現し、その家具を作るために使われる資源もセーブして環境保護が進められるかというエコロジーな視点で発表を行なったと宣言してますよ。まぁ、確かに世界中の家のイスを、すべてこんなコンセプトに置き換えられたらスゴいことになるでしょうけどね。

きっとこのままクローゼット&お風呂も合体させ、洗面台シンクも壁に埋め込んじゃえば、どんなに狭いワンルーム生活でも非常に快適になるのかも!?

[OOooChair via Inventor Spot via Neatorama]

Rosa Golijan(原文/湯木進悟)