これが次世代トイレ清掃ロボだ! まもなく駅や空港で大活躍...[国際フロンティア産業メッセ]

これが次世代トイレ清掃ロボだ! まもなく駅や空港で大活躍...[国際フロンティア産業メッセ] 1

嫌いなトイレ掃除が手軽に楽チン...

ちょっとキュートなマスコットイメージのベビーカーのようなマシンですけど、実はこのロボットこそ、便器の前でパカッと大きく口を開けて高速&徹底清掃を実現してしまう究極の次世代トイレ清掃ロボなんですよね!

神戸国際展示場で開催された「国際フロンティア産業メッセ2010」にて、明興産業のブースで紹介されていた話題のトイレ清掃ロボットの未来に迫ってみました。初号機からの大幅な改良が進んでいるみたいですよ~

 

これが次世代トイレ清掃ロボだ! まもなく駅や空港で大活躍...[国際フロンティア産業メッセ] 2

実はトイレ清掃ロボットの1号機はキュートなゾウさんをモチーフにした「ダスベエ」として、高速道路のサービスエリア内の男性用便器に特化した仕様で開発が進められ、すでに兵庫県内の各所で洗浄実験・検証プロセスを経てきました。すっぽりと便器を包み込むデザインでセットしてスタートボタンを押すと、強力な高圧放水で一気に汚れを落としていく仕組みですよ。

明興産業によると、長時間の手作業で便器から便器へと移動しつつ行なうトイレ掃除は、いわゆる汚くてきつい3K作業の代表的な存在であるため、なんとかロボットを活用することで作業員の負担を減らそうとの思いから開発がスタートしたんだそうです。

とはいえ、ただ単に適当にトイレ掃除が済ませられるというレベルではなく、人間の手作業を超える美しさに仕上げられる工夫がにじみ出てもいましたよ。たとえば、臭いセンサーを内蔵することで、臭いの感じ方にバラつきが出ず、どの便器も徹底した作業を完了できるようになっています。どうしても手作業のブラシでは洗いにくい場所でも、ダスベエならば専用洗剤を駆使して一瞬で洗浄完了できるレベルに完成していることが実証されたんだとか。

これが次世代トイレ清掃ロボだ! まもなく駅や空港で大活躍...[国際フロンティア産業メッセ] 3

しかしながら、やっぱり初号機のダスベエはコンパクトサイズとは程遠いデザインとなってしまったため、サービスエリアのトイレのような基本的に平面のフロア移動で運用できる環境ならまだしも、駅などの階段を次々と上り下りしては各所のトイレを清掃していく利用シーンには不向きということなどもあり、現在は2号機の開発が進んでいますよ。女性の作業員でも楽々と階段を移動しながら、さらなるセンサーの搭載で清掃レベルを向上したロボットの完成が目標とされていますね。

そもそも明興産業は、神戸大学工学部との産学連携で、各種レスキューロボットやテロ対策ロボットの研究開発を進めてきたことでも知られており、その高い技術力で今後のトイレ清掃ロボットの実用化が目指されますよ。そのうち和式・洋式便器の自動清掃にも対応したロボットまで誕生するかもね~

[国際フロンティア産業メッセ]

(湯木進悟)