英国のホテル、「さっきネットで悪口書いただろう!」と客を追い出し一躍有名に

英国のホテル、「さっきネットで悪口書いただろう!」と客を追い出し一躍有名に 1
そのホテルの名は、「Golden Beach Hotel」。海辺のリゾートタウン、英ブラックプールにある、お値ごろな宿です。

地元の夕刊紙Blackpool Gazetteによると、英国のAdrian Healeyさん(33)は今月、ガールフレンドのSherrie Andrewsさん(33)とここに部屋を3泊予約し、宿泊料は全額前払いしたんだそうです。18ヶ月前にがんに罹ってから、これが初めての休暇です。

ところが。

1日過ごして、夜、ホテルの部屋に戻ろうとしたら、入室を拒否されちゃったのです。理由は「カーペットを貼り換えているから」。Healeyさんは特に文句も言わず、タオルを多めにお願いしただけだったといいます。

「そしたら2日目の夕方、いきなり支配人が部屋のドアを叩いてきて、外に出ろと言うんですよ。TripAdvisor.comにレビュー書いただろう、警察呼ぶぞ、と責め立てて」

「本当に警察が来た時にはショックで、もう相手の言う通り出ていくことにしました」

「返金するよう頼んでも、ホテルには払ってもらえませんでしたよ」(Healeyさん)

米紙USA Todayの記事を読んでも、本当にレビューは書いたのか、なぜホテルの支配人は彼らを疑ったのか、というところはよく分かりません。カーペットの張り替えはその部屋だけだったのかもしれませんね...。

警察によると、現場に駆けつけたのは事実だけど、別に犯罪行為があったわけじゃないので、ふたりには泊まってない分はちゃんと返金してもらうよう手順をアドバスしただけだったそうですよ。う~ん、この剣幕じゃ踏み倒されちゃうのかな...。

因みにこのホテル、TripAdvisorのレビュー数は166件、59%はネガティブ評価。「ネバー・アゲイン」、「ネットの写真に騙された」、「人生最悪」、「ベッドの足が折れて床に落ちた」、「予約超過で超ちっこい部屋に回された」、「家族経営で夜間は手薄なので酔っ払い天国」など酷評のオンパレードで、これだけ叩かれても経営が成り立つことの方がミラクル...。

まあ、上には上(ゴキ注意)ですけどね...ははは。

[USA Today]

Kyle VanHemert(原文/satomi)