安くても、こんな飛行機のシートはお断り。「SkyRider Airplane Seats」

安くても、こんな飛行機のシートはお断り。「SkyRider Airplane Seats」 1

       

格安航空の草分け的存在、Ryanairのオライリー社長が、短いフライトなら、立ち乗りもOKにしたい。なんてことを言っていた事があったみたいですけど...、このSkyRider Airplane Seatsは、それに近い感覚ですよね。

でも、いくらフライト料金が安くなるっていっても、そこそこ高いんだろうし、こんなシートは個人的には嫌だなぁ...。シートっていうより馬の鞍とか自転車のサドルみたいですよね?

ファーストクラスとかビジネスクラスは高級志向で、必要以上にどんどんゴージャスで快適になってる反面、エコノミーは既に十分座り心地が悪い。なのに更に狭くて座り心地の悪いシートにする必要ってあるのかなぁ?

ちなみに、このSkyRiderシートは来週アメリカのロングビーチで開催されるAircraft Interiors Expoに出展される予定。これは、新しいエコノミーよりも安いクラスを意識したもので、航空会社も不景気ですから、興味を持つのは明らかです。でも、足回りスペースが、たったの23インチ(58センチ)しかないなんて、流石に、これはナシだよねって航空会社の人達に思ってほしいです。

そんな、Skyriderのディレクターが、座り心地について、デザインチームの言い分をコメントしています。

1時間~最大3時間ぐらいまでのフライトなら、このSkyriderで快適に過ごせるでしょう。このシートは、鞍と似てて、カウボーイは1日に8時間馬に乗っても、鞍の上で快適に過ごしています。

そりゃーだって、カウボーイだもん。カウボーイ達だって馬に乗り始めた頃はお尻が痛くなってたと思うんですよ。慣れたから、1日8時間またがっててもお尻が大丈夫になっただけで...。

もう、無料のブランケットも枕も、機内食だっていらないから、お願い。鞍みたいなシートだけは勘弁です。

あなたもそう思いません? それとも、案外アリってかんじですか?

[USA Today via Pop Sci]

-Casey Chan(原文/junjun )