SPA!の記事は「創作」。Appleがジョブズ来日手裏剣没収大激怒事件を否定

100914_ninja-steve-2.jpg

来日大満足! 近々また行ってやるぜい!

と張り切ってるそうですよ、ジョブズ。

週刊誌「SPA!」最新号が伝えた「ジョブスお忍び来日大激怒事件」がブルームバーグ経由で全地球を駆け巡ってます。

お忍びの京都旅行の帰りに関空検問で手裏剣没収されて激怒し「こんな国、二度と来るか!」と怒ったという話ですが、ブルームバーグが関西国際空港に本当にあった話かどうか取材してみたところ、広報のTakeshi Uno氏からは、確かに7月末プライベートジェットを利用する乗客1名が「手裏剣」(忍者の星型の飛び道具およびハンドヘルド刃物を指す日本語...と英語で解説までついてる...)所持で止められた事実はあった、と確認が取れたそうです。ただし乗客の身元までは空港のプライバシー方針に反するので教えてもらえなかった。なので、それがジョブズ本人かどうかまでは、わかりません。

Uno氏によると、なんでもその乗客は問題の刃物(複数)を投げ捨てていった、とのこと。関空はプライベートジェット乗客専用のセキュリティ検問所が別に用意されていないからね、とも話してますよ。検問、一般乗客と同じなんですね(ゴミ箱に手裏剣を投げるジョブズの写真お持ちの方は、是非編集部までご一報ください!)。

これを受けアップル本社からは早速、ウォール・ストリート・ジャーナルのAllThingsDを通じて以下の公式見解が出ました。

「スティーブがこの夏、京都で休暇を過ごすため日本を訪問したのは本当だが、空港で起こったと伝えられるような事件は全くのフィクション。スティーブは楽しい時を過ごした、また近く日本を訪れたい、と言っている」

- SPA!報道に対するAppleの公式見解

秋の京都は綺麗ですもんね。また手裏剣買わなきゃ。

UPDATE:Apple公式見解に対するSPA!編集部のツイートも付記しておきます。

「ジョブズ忍者騒動」に関する米アップル社の公式コメントに関して、担当編集者より:「今回の記事は複数の国交省職員、関空職員、在阪大手紙記者の証言を基に作成しました。記事の内容に関しては真実であると確信しています」

[Bloomberg, AllThingsD]

Jesus Diaz(原文/satomi)