地球の滅びまであと200年? ホーキング博士が警告を発す

地球の滅びまであと200年? ホーキング博士が警告を発す 1

早く宇宙旅行を予約しましょう...

地球外生命体による地球征服の危険性にも警鐘を鳴らしたスティーヴン・ホーキング(Stephen Hawking)博士が、もっと今後は真剣に宇宙へ新たに居住可能な惑星を求めて進出していくべしと訴えていますよ。

これまで人類は地球という1つのカゴの中にすべての卵を盛る過ちを犯してきた。他のカゴにも卵を盛れるまで、このカゴを落としてしまうようなことがなければよいのだが...

そう少し前にBigThinkとのインタビューで語ったホーキング博士は、地球滅亡の危機を脱するまでに人類に残された時間は200年ほどしかないと警告! とりわけ今後100年の間に、どれほど宇宙計画を進められるかが大きく勝敗を分けることになると語っていますね。

人類は地球を離れて別の惑星に新天地を見出せるのか? 夢と希望の宇宙旅行というよりは、命からがら地球から落ち延びていく銀河の旅になるとは想像したくないですけどね〜

[CNET]

Jack Loftus(原文/湯木進悟)