ご覧ください! 4.8インチでフルHDで458ppiの液晶パネルさまのご入場です!

101025-0264656_01.JPG

解像度戦争が活発になってきました。

凸版印刷グループの株式会社オルタステクノロジーが、4.8インチというサイズで1920×1080ピクセルもの解像度を実現した液晶パネルの開発に成功しました。視野角は160度で、 色再現範囲は72%(NTSC比)。458ppiという圧倒的な高精細表示が可能で、想定する用途は放送用ハイビジョンカメラのモニターなどだとか。

でも...もし可能ならぼくら用のデジカメや、スマートフォンなどにも使ってほしいですね。間近で見てみたいし! それにサイズを大きくしたら、それこそ印刷物に匹敵する動画広告ツールが作れそうですね。

凸版印刷グループ、フルハイビジョン表示が可能な4.8型TFTカラー液晶パネルを開発[日経プレスリリース]

(武者良太)