【速報】ジョブズ、7インチのiPad発表を完全否定!

楽しみに待ってたんだけどな~

もうちょっとだけiPadがコンパクトになるといいのになって淡い期待を抱いている人も少なくないようですが、どうやら一回り小さな7インチのiPadの発表は夢と消えることになりそうですよ。

7インチに小さくなったタブレットなど論外だ。実際のスクリーンサイズは、10インチモデルと比較すると半分ほどに狭まることになり、これは何らユーザーに益をもたらさない。サンドペーパーでも埋め込んで、指を小さく研ぎ澄まさない限りは使い物にならないだろうね。

なにかとiPadの対抗馬としても期待の「GALAXY Tab」の存在について尋ねられたジョブズが、絶好調の決算発表の勢いに乗ってiPadの今後の戦略を語り、別サイズの新モデルを出す計画は全くないことが正式に明らかにされた形ですよ。

7インチのスクリーンサイズは、優れたタブレット向けのアプリケーションを生み出すには十分でないと考えている。ディスプレイの解像度を増したとしても、この欠点を補うことはできない。それにソフトウェア開発者にとっても、いろいろなスクリーンサイズのタブレット向けにアプリケーションを書き換えるほど煩わしいことはないだろう。

あわわ、ここまではっきりとアップルのタブレットに対する美学が示された以上は、たとえ年内に驚きの新発表が続くとしても、iPadのコンパクトサイズの新モデルが出ることだけは絶対にないと考えたほうがよさそうですね。やっぱり20日のスペシャルイベントMacにスポットライトが当たるのかな~

matt buchanan(原文/湯木進悟)