全席コンセント付き飛行機で全員ノート使ったら...飛べるの?

2010.10.29 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

101026powersocketplane.jpg


ギズ読者のみなさまにとって長い機内で辛いのは、真後ろで泣く赤ちゃんよりAC電源コンセントがないことなのでは...。

このケチめ! ...と思わず呪っちゃいますけど、実はあれ、航空会社がケチってるんじゃないんです。物理的にムリみたい。

乗客全員がノートブックを機内に持ち込んで120VのACコンセントに差し込んだら飛行機は飛べるのか? 飛べないのか? はっきりケリつけようぜ! と「The Atlantic」誌がやる気を起こして連続特集を組んだら、その道のプロから続々と計算式と意見が寄せられ、大筋で結論が見えてきました―。

結論「重すぎて飛べない」

乗客全員に120VのACコンセントを用意した日にゃ、なーんと「電気自動車シボレー・ボルトのバッテリー約10個分相当と、大型冷蔵庫並みにデカいインバーター(変換器)」が要るんだそうな! 8時間のフライトで全員が2アンペア使ったと仮定してコレですから、その条件次第でもっと大小変動しますけど。思ったより重装備よね...。

特集はもともと「ヴァージンアメリカ航空の機内の電源が途中で切れる」という一般利用者からの不満の声を受けて始まったものです。しまいには同航空スポークスマンも議論に加わり、3人並んだ席ごとにコンセントは2つ(最大225ワット)ついてます、とかって話してますよ。こういう雰囲気いいですね。難しい英語だし、意見かみ合わないところもあるけど、「機内の電源のことがずっとずっと気になっている。気になるのにもそろそろ疲れた」という方にはオススメの記事です。


[The Atlantic]

Kat Hannaford(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B003NHJYPY


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア