[ #CEATEC ]東芝ブースの見どころはメガネ男子&女子待望のグラスレス3Dレグザ!

[ #CEATEC ]東芝ブースの見どころはメガネ男子&女子待望のグラスレス3Dレグザ! 1

ラーメン二郎級に並ぶことを覚悟してください!

3Dテレビが売れない! と言われている昨今ですが、東芝は次の一手としてメガネを使わない、グラスレス3Dレグザをリリースするそうです。サイズは12インチ20インチで、後者にはグラスレス3D専用CELLレグザエンジンを搭載。また参考出品として56インチモデルも展示されてましたよ!

ワクワクしながら見てみました。イメージとしては手前に像が飛び出るものではなく、奥行きや深さを感じさせるもの。そのため実際のモニタサイズよりも小さく感じてしまったり。また液晶の光をモニタに貼ったシートで分けるタイプなので、見る角度によっては画面のズレがかなり気になります。それでも9視差の3D映像をリアルタイムに作り出している点はスゴイ。9つの方向から見ても立体的な映像が楽しめます。

では。メガネを使う3Dテレビと比べると...。精細感、応答速度、ダイナミックさにおいて今2~3歩。まだまだな印象を感じました。でもレースゲームのようにのめり込むようなコンテンツを表示させるのでなければアリ。ソファに寝っ転がってネイチャー系のムービーを見るなら現状のクオリティでもGOODです。

CEATEC 2010の記事一覧はこちら

[CEATEC JAPAN 2010]

(武者良太)