[ #CEATEC ]これからは映像も写真も3Dで残す! パナソニックのブースは全てが飛び出しまくりでした(写真ギャラリーあり)

[ #CEATEC ]これからは映像も写真も3Dで残す! パナソニックのブースは全てが飛び出しまくりでした(写真ギャラリーあり) 1

なんでもかんでも飛び出る飛び出る! おねえさんも飛び出る!

3D製品の多かったパナソニックのブースでは、至る所に3Dディスプレイが。

さらに自分で撮影してみることも可能でした。それがこちら。

10月29日発売のLUMIX「DMC-GH2」に3D対応レンズ「G 12.5mm F12」を装着しての撮影。

[ #CEATEC ]これからは映像も写真も3Dで残す! パナソニックのブースは全てが飛び出しまくりでした(写真ギャラリーあり) 2

こんな感じに撮れたのですが、残念ながら3Dに見えるのは、3D対応TVに接続してTVのディスプレイで見た時だけ。当然っちゃ当然なんですが、3Dレンズの実力を体感することはできませんでした...。

他にも3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」を装着したデジタルビデオカメラ「HDC-TM750」や、世界初の一体型二眼式3DカメラレコーダーAG-3DA1」でおねえさんの3D撮影が体験できました。

こちらはすでにケーブルで3D対応TVに接続されていたので、撮った映像をすぐに確認することができました! 自分の撮影した映像が3Dになっているというのはなんだか不思議な感覚でしたよ! 被写体もその場にいる訳ですしね...

こちらはまとめてフォトギャラリーでご覧ください。

101006pana1101006pana2101006pana3101006pana4

CEATEC 2010の記事一覧はこちら

[CEATEC JAPAN 2010]

(佐脇風里)