[ #CEATEC ]マグマのような熱気を感じた「GALAPAGOS」

101005-_DSC4495.jpg

サービス、コンテンツだけではなく実は本体も...でしたが。

シャープが送り込んできた電子書籍リーダー「ガラパゴス」。どんなもんでしょうと画面に触れるとちょーっとタイムラグが。パパッとページをめくろうとしても、考え込むことしばしば。うううむ。どうなんでしょうねコレ。

といったところでピコーン。そうかメーカーは最初からiPhone&iPadユーザーを狙ってないんだな。速読するのでなければ忙しく操作することもないし、「ここに本があるよ! いっぱいあるよ!」なアニメーション化されたメニュー・本棚画面もビギナーにとっては優しいもの。ターゲット層が違うということを考えると、いたれりつくせりなインターフェースはむしろメリットです。

ふうむ。菊地秀行が読めるならアリかも。昔買ったXDMFファイル、まだMOに残ってるかな。

CEATEC 2010の記事一覧はこちら

[CEATEC JAPAN 2010]

(武者良太)