今週のおすすめAndroidアプリ

おすすめAndroidアプリをご紹介します。

今回も便利で楽しいアプリが沢山登場していますよ!

Angry Birds

鳥を飛ばして緑の豚さんをやっつける物理シミュレーションゲームです。

なんと今なら無料! どこを狙えば木やコンクリートがうまく崩れるかなどの攻略法を考えるのも楽しいし、ステージが多いのでハマること間違いなしですよ! こういった物理シミュレーションを組み込んだゲームって、運の要素もあるので何度トライしても面白いんですよね。そのうち法則がなんとなく掴めてきてサクサクと進めるようになったときの快感がたまりません。

ところで鳥さんはなんで怒ってるんだろう?

GrubHub

家に食料がない! でも出かける気も起きない...なんてことありませんか? 私はしょっちゅうですけど。そんな時にデリバリーサービスって便利ですよね。

残念ながら日本は対応していませんが、GrubHubはレストランのレビューを見ながらデリバリーの注文ができる便利な検索サービスです。アプリはまだベータ段階にあって、クレジットカードのデータを保存できないそうですが、オンライン又は電話での注文が可能です。

Tweetdeck

PC、iPhoneなどで大活躍のTwitterクライアントTweetDeckのAndroid版がアップデートして正式版になり、ウィジェットの利用ができるようになりました!

TwitterだけでなくFacebookやFoursquareなどのサービスにも対応しています。

複数のアカウントがあってもつぶやく時はワンタッチで切り替えができるし、見たい項目によってカラムを分けることもできるし、何よりデザインがとってもカッコイイのでTweetDeckはオススメですよ。Android版も動作がスムーズだと評判なので是非試してみてください。無料でダウンロードできます。

MessagEase

画像を見る限りでは、何がなんだか分からないキーボードに見えますが、よく使うキーを大きく配置しタイピングの速度を上げることができるそうです。一本指のフリック入力に慣れてしまうと便利かもしれませんね。でも、この配置に慣れるのにも時間がかかるような...。慣れてしまえば手放せなくなるアプリになりそうです。

Walky Talky

ひとことで言えばナビゲーションアプリのようなものですが、Google Mapを基にして進む方向だけでなく通りの名前や住所なども読み上げてくれるアプリです。視覚障害者の援助を目的として開発されたようですが、誰にとっても便利なアプリになりそう。

Babylon2Go Translation

75を超える言語を翻訳してくれるアプリです。

辞書も内臓していて、テキスト翻訳ももちろん可能! 音声の翻訳機能は残念ながらありません。利用にはネットワーク環境が必要です。

Lego MINDroid

レゴのブロックを使用したロボット、レゴ・マインドストームNXTを一体でも持っていたらこのアプリがオススメ!

ロボットのリモコンとして使えるんです。Androidを傾けたり、画面をタップすることで動作を制御可能。公式のアプリで、無料でダウンロードできます。

動作にはAndroid 2.1以上が必要です。

CoPilot Live USA

音声ガイドや天気予報を内臓した、とても見やすいナビゲーションアプリ。アメリカ国内のみの対応です。POIなどの情報は全て本体へローカルに記録されるようになっています。おもちゃのようにカラフルな配色でちょっと可愛いかも。

Casey Chan(原文/あんね)