宇宙服でプールに浮かぶ、今は亡きアポロ1号の3人の英雄たち

Three Heroes In the Swimming Pool

これは今から約50年前、アポロ1号の乗組員の生きている頃の写真です。

白い宇宙服を着て黄色いゴムボートにプカプカと浮いているのは、アポロ1号の船長のバージル(ガス)・グリソム、パイロットのエドワード・ホワイト、そしてシニアパイロットのロジャー・チャフィーの3人。なんだかとても楽しそう。

人類初の月面着陸の夢に挑戦していたサターン・ロケットの乗組員で、初めて宇宙に行く予定だった3人、使命感と高揚感で満たされていたと思います。

 この写真は1966年6月の晴れた日に、テキサス州のヒューストン有人宇宙船センター近くのエリントン空軍基地で撮影されたもの。ボイラー板でできた宇宙船の等身大レプリカを使って水中脱出の訓練をしていた様子を捉えたもので、この訓練が終わったあと、彼らは重たい宇宙服を脱いでカクテルでも飲んだりして、充実した楽しい時間を過ごしていたのでしょう。

しかし、幸せな日々は終わってしまいました。

この楽しそうな写真の出来事のたった6か月後に、痛ましい事故が起こりました。ケープ・カナベラルにあるケネディ宇宙センターの射点34で行われていたアポロ1号の司令系統の発射前テスト中の炎上事故で、3人は亡くなりました。

50年もうすでに経った今、彼らの思いは受け継がれているのでしょうか。

[NASA via It's full of stars]

Jesus Diaz(原文/mayumine)