脳脊髄液を腹腔で消化させて、難病と戦う17歳の少女

101005_survive_girl.jpg

大変な病気を患いながらも、珍しい手術・治療方法でたくましく生きる少女のお話です。

メリッサ・ピーコックさん(17)が生きるためには、なんと彼女の脳脊髄液を胃に排出して、消化するほかに方法がありませんでした。

上の写真からもわかるように、実際の手術の手段がみてとれます。

脳内から彼女の腹膜腔までカテーテルチューブをつなぎ、体内を通して脳脊髄液を排出しているのです。信じられないようですが、医学の進歩を感じずにはいられませんよね。

カテーテルそのものは一生彼女の体内に埋め込まれますが、以前の外部カテーテルでは背中部分で大きく嵩張っていたといいます。しかも、これまで8回もの手術を繰り返してきましたが、根治には至らなかったんです。

腹腔に入れられてからは、無事、体が脳脊髄液を消化しリンパや血管系を通して吸収されるようになったそうです。

 脳脊髄液を腹腔で消化するなんて、ちょっと気持ち悪く聞こえてしまいますが、酷い偏頭痛やかすみ目、そして死ぬことに比べたら、遥かにマシですよね。

私の友達は脳脊髄液を腹腔で消化するなんて、少し変わっていると思っているみたいだけど、シャントを埋め込んで以来、私の生活はずっと良くなったの。だからあまり気にしてないわ。

以前は、くもりがかった窓を通してしかものが見えないような感じだったし、まったく見えなくなるようなことだってあったのだから。

メリッサは、9歳の時から頭蓋内圧亢進を患ってきました。頭蓋内圧亢進とは、体が頭蓋骨内から髄液をきちんと排出できないことが原因で、脳を破壊する頭蓋内圧の上昇を引き起こしてしまいます。治療がされなければ、死に至る可能性もある大変な病気だそうです。

難しい病気も驚くような手術方法で克服することができるのですね。

このまま、メリッサさんは元気に成長されていくことを願います! 

[Daily Mail]

Jesus Diaz(原文/mayumine)

 

※ご指摘ありがとうございます、記事修正しました。