[全日本模型ホビーショー]アイルトン・セナは永遠に不滅です! 往年の名車からディアゴスティーニまでF1特集

[全日本模型ホビーショー]アイルトン・セナは永遠に不滅です! 往年の名車からディアゴスティーニまでF1特集 1

アイルトン・セナは僕らの心の中で生きています。

今年はアイルトン・セナの映画「アイルトン・セナ 音速の彼方へ」も公開され、古くからのF1ファンはもちろん、当時の走りをみたい新しいF1ファンも注目してます。模型業界もフィギュアからF1マシンまで模型化、セナファンの心をグッと揺さぶります。ということでF1特集です。

 まずはモデル。現代F1にも通じるフォルムをもつのは1970年代後半のマクラーレン、ウォルターウルフ、ロータス。内部構造までしっかり再現されていて超高精細です。

101014_DSC_3898101014_DSC_3900101014_DSC_3901101014_DSC_3933101014_DSC_3936101014_DSC_3939101014_DSC_3941101014_DSC_3944101014_DSC_3943101014_DSC_3942

プラモデルを作り上げるのはちょっとしんどいな、という向きには完成品もたくさん出ているのでオススメ。

101014_DSC_4002101014_DSC_4003101014_DSC_4004

[全日本模型ホビーショー]アイルトン・セナは永遠に不滅です! 往年の名車からディアゴスティーニまでF1特集 2

マクラーレンチーム京商共同開発ディアゴスティーニがお届けするのは超高精細な1/8スケール マクラーレン MP4-23。2008年モデル、つまり空力パーツがゴテゴテとつきまくった最後の年、超カッコイイ上に模型映えするチャンピオンマシンが手元で再現できます。空力パーツは当然のことながら、エンジンやハンドル、タイヤに至るまで忠実に再現。実写を徹底取材し作られたものはもう一つの本物といっていいでしょう。

101014_DSC_4094101014_DSC_4096101014_DSC_4098101014_DSC_4099101014_DSC_4100101014_DSC_4101101014_DSC_4103101014_DSC_4104101014_DSC_4105101014_DSC_4106101014_DSC_4107101014_DSC_4108101014_DSC_4109

ちなみにまだ完成車はこの試作車1台っきり。ディアゴスティーニなので毎週パーツが送られてくるのですが、出来たところから量産化しているとのことで、まだ全部はできてないとのこと。開発手法がアジャイルっぽいですね。

その他F1はギャラリーでお楽しみください。6輪タイレルのラジコンもありますよ。

101014_DSC_3958101014_DSC_3959101014_DSC_3960101014_DSC_3962101014_DSC_3968101014_DSC_3969101014_DSC_4015101014_DSC_4018101014_DSC_4019101014_DSC_4020101014_DSC_4177101014_DSC_4242101014_DSC_4243101014_DSC_4244101014_DSC_4251101014_DSC_4252101014_DSC_4253101014_DSC_4456101014_DSC_4457101014_DSC_4458101014_DSC_4625101014_DSC_4627

Fine Art Statue フィギュア ARTFXタミヤ新製品速報ダイジェスト マクラーレンMP4-23

(野間恒毅)